インドシナニュース

ベトナム:新世代の工芸村が投資家を惹きつける

伝統的な工芸村の大胆な事業計画は、数十億ドンの資本を集めている。

Duy Anh食品輸出入会社は、クチのライスペーパーの製造方法を変えることを誓うと、商業銀行や協同組合から機械や設備を購入するために何十億ドンもの資金を集められた。

同社の製品は現在、米国、EU、日本、韓国など30カ国以上に輸出されている。

Duy Anh社のLe Duy Toan社長は、手作業を辞めて、自然色のライスペーパーを作るための工業生産システムを導入したと述べた。

Duy Anhは伝統的な方法で製品を作り、太陽の下でライスペーパーを乾燥させるのをやめた。このように作られた製品は湿度や衛生上の問題から外国のスーパーマーケットに入ることができないからだ。

数ヶ月前、タインホア省のLe AnhHai Vanによって開始されたLe Giaブランドの子供向けヌクマムの立ち上げプロジェクトでは、同時にCyber​​Agent VinaCapitalSunhouse Groupという3つの投資ファンドから40-60億ベトナムドン(約2-3万米ドル)の融資の申し出を受けた。

Le Giaの投資家らは、透明性とブランディング手法について一般投資家らに良い印象を残した。彼らは入力材料、製品の品質とブランドの識別で選択的だった。 Le Giaの製品サンプルは毎月検査のために採取されます。

また、2018年には、ドンナイの若者たちが、陶器の生産文化を体験できるようにするプロジェクト「De-form Pottery」のために、数十億ベトナムドンの資金を集めた。

ベンチェ省、ティンザン省、カントー市では、ココナツから製品を作る工芸村を再生するプロジェクトがあり、AMDファンドはこれを含む10のスタートアッププロジェクトに資金調達を約束した。

Nga Sonの村ではスゲから作る製品の標準化と刷新を目指すFibre、龍の彫刻がされた木靴を作るF4Fなど、他の工芸村の再生プロジェクトが存在する。数年の進行を経て、プロジェクトには外国市場に輸出された製品数十も現れるに至った。

ベンタン市場の手工芸品屋のオーナーであるHa Thuy Diem氏は、店で利用できる製品の約90%は伝統工芸の村からのものだと語った。

日本人や韓国人の観光客は、籐、竹、ホテイアオイから作られたバッグ、靴、帽子、北部工芸村の水牛の角から作られたアイテムを購入するのが好きです。

これらの成果を見ると、商業銀行はこの種のプロジェクトでより多くの資金を供出してきた。

Ha Ba Tran Flower Gardenの職人Nguyen Thanh Ha氏は、5000平方メートルの杏畑を開発するために銀行から50億ベトナムドンを借りたと語った。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年12月13日

このページのトップへ戻る