インドシナニュース

サプライチェーンが敏感に反応、貿易戦争難民がベトナム、タイへのシフトを急ぐ(前)

Fred Perrotta氏は4年間、中国のサプライヤーのネットワークを構築し、流行のリュックサックのラインを構築しましたが、アメリカが中国の輸入に対してほぼ半分に関税すると告げるとすぐに、他国のサプライヤーを探し始めた。

このプロセスは今やかなり進んでおり、ドナルド・トランプ大統領と対する中国の習近平国家主席は、今週のG20首脳会談で停戦交渉を呼びかけるとしても、状況を逆転させるには遅すぎるだろうと、33歳のFred Perrotta氏は述べた。

中国が2001年に世界貿易機関(WTO)に加盟して以来、Perrotta氏のTortuga社は、業界の専門家たちが言うには、国境を越えたサプライチェーンにおける最大の転換であると述べている。

その転換は、近隣諸国に新しい施設を確保し、世界の製造業の5分の1を占める中国以外の地にサプライチェーンを再建するという厳しい競争をもたらしている。

Perrotta氏はカリフォルニアのオークランドからの電話で「誰もが緊張していて、混乱しています」と話し、最近、ベトナムから可能性のある新しいサプライヤーを通し最初のサンプルの配達を行ったと語った。

「長期的には、おそらくすべてを転換するでしょう」

こうした混乱状態は、中国に対する米国の関税がますます高騰する危険性があり、近くの新興経済国は「先着順」に基づいて新しいビジネスを受け入れることができないかも知れないという恐れをもたらしている。

ベトナムとタイが好ましい地域として話が浮上しているが、依然として赤字や熟練労働、及び限られたインフラといった受け入れ面の制約に直面している。

 

熱狂的な活動

ロイター通信とのインタビューでは、多くの企業の幹部、業界の弁護士、ロビー団体などが対応し、最近数カ月間アジアの活気が広がっていることを明らかにした。企業幹部たちは製品サンプルの要求、工業地のツアー、弁護士の雇用、要人との会合などを要求している。

6月には、香港に上場している家具メーカーのMan Wah Holdings社が、ベトナムで6800万ドルの工場を買収し、今月初めに2019年末までに生産能力を3倍に増やし、37万3000㎡にすると計画していると話した。

「買収は、関税によってもたらされるリスクを軽減することです」とMan Wah社は声明で述べた。

ベトナムに拠点を置く工業地の不動産開発会社であるBW Industrial社は、10月からの問い合わせが急増し、すべての工場が現在リースされていると話している。

BW Industrial社のセールスマネージャー、Chris Truong氏はロイター通信に対し、「製造業者は世界中から集まりますが、中国に生産工場を持ち、早急に生産を開始する必要があります」と語った。

タイでは、エレクトロニクスと製造ソリューションを提供するSVI Pcl社は、中国で事業を展開している既存の顧客に対して約1億米ドル相当の4件の新規案件を選択したばかりだと述べた。

「貿易戦争は我々にとっては好都合です」と最高経営責任者のPongsak Lothongkam氏は話した。「私たちは提案を持ちかけてくる多くの企業に優先順位を付けなければなりません。」

東南アジア最大のプリント基板メーカーであるKCE Electronics社は、最高経営責任者であるPitharn Ongkosit氏が、中国の新しいサプライヤーをさがしている米国企業と接触したと発表した。

「これは良い機会です。多くのお客様が当社の製品と価格について知るために私たちに連絡してくださいました。しかし、時間がかかっており、まだ販売がございません。」と彼は話した。

またタイのエレクトロニクス製造サービスプロバイダーであるStars Microelectronics Pcl社も新しいビジネスを始めています。

最高経営責任者のPeerapol Wilaiwongstien氏は、「2社(または3社)の企業が、(中国国外へ)生産拠点を早期に移転することになる。」と述べた。

カンボジアはまたニュージャージー州パーシッパニーに拠点を置く自転車メーカーであるKent International Inc社が中国での生産を東南アジアにシフトさせることに関心を集めている。

同社の大株主で最高経営責任者のArnold Kamler氏は、「米国では大きなビジネスを展開している。」と述べた。「生産を中国から遠ざけることを可能な限り迅速に見極めること以外に選択肢はないのです。」

 

(後編につづく)

その他 ジャンル:
最終更新:2018年12月06日

このページのトップへ戻る