インドシナニュース

ベトナム:水のリスク報告書が発表

ベトナム繊維協会(VITAS)と世界自然保護基金(WWF)は、1128日にホーチミン市にてベトナムの繊維・アパレル産業の水のリスク報告書を発表し、メコン地域の水リスク評価ツールを開始した。

ベトナムの繊維・アパレル産業は水とエネルギーに大きく依存しているため、持続可能な発展を促進し、国家経済に貢献し、環境目標を達成するための取り組みが必要であるとWWFVan Ngoc Thinh氏は言う。

この2つの報告書とツールは、今後の繊維・アパレル企業の発展を支援すると期待されている。

報告書「ベトナムにおける繊維・アパレル産業:水のリスクと解決策」では、水資源の管理と改善、持続可能なエネルギーの利用を促進する一方で、産業の関係機関間の連携を促進するためのWWF12の勧告が掲載されている。

繊維・アパレル産業はベトナム経済の重要な分野の1つであり、水の需要が高い産業、特に織物の加工や染色にも使用されている。

水管理と産業利用を改善するために、排水処理設備への投資を増やし、排水処理設備や技術の財源が不足している工場や工業団地の問題を取り除く必要があるとの調査結果がある。

ベトナム繊維協会(VITAS)によると、ベトナムは中国、インド、バングラデシュに続いて世界の繊維輸出国の4位に位置づけられている。

2018年上半期には、ベトナムの繊維・アパレル産業の輸出総額は165億米ドルとなり、前年同期比17%増となった。

今年この産業に流入した外国直接投資(FDI)は28億米ドルで、これまでの直接投資額累計では175億米ドルに達した。韓国、日本、中国が最大の投資家である。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年12月03日

このページのトップへ戻る