インドシナニュース

ベトナム:アパレル業界に好機をもたらす新規自由貿易協定(FTA)

近日署名予定の環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP:新TPPTPP11)およびEU-ベトナム自由貿易協定(EVFTA)のような自由貿易協定(FTA)はアパレル業界の市場の多様化および製品輸出において非常に効果的である。

 

多次元のインパクト

CPTPPは国会で承認されており、CPTPP実施はビジネスにおいて良策であるとベトナム繊維公団(Vinatex)専務Cao Huu Hieu氏は述べた。しかし、米国は関与していないため市場規模はそれほど大きくはない。この合意により、ベトナムのアパレル産業は成長しているが、高水準では変化していない。

実際、参加国の規模は大きくない。カナダのようなある種の新しい市場の規模は小さいが、ベトナム繊維はこれらの市場で強みを発揮している。したがって、CPTPPにより、繊維・アパレル企業が市場開拓し、ベトナム製品の市場と輸出の多様化を期待されている。

中国のCPTPPへの参加表明は非公開ではあるが、生産量や価値の両方において世界トップアパレル輸出国である中国がCPTPPに参加すれば、ベトナムやCPTPP加盟国の国々にとっても激しい競争になるだろう、とCao Huu Hieu氏は述べた。中国製品は衣類から糸、繊維製品まで非常に多様である。

したがって、中国がCPTPPに加盟すれば、国内アパレル企業にとっては難しい戦いになるだろう。

EVFTAにおいて、欧州連合(EU)は米国に次いでベトナムの繊維および衣料品の第2位の市場であり、常に比較的高い成長率(毎年7~10)を保持しているとCao Huu Hieu氏は言う。したがって、EVFTA加盟時には、ベトナムのアパレル産業は多くの税制優遇措置を享受できる。

EVFTAは、ベトナム-韓国自由貿易協定(VKFTA)と同様の効果をもたらすと期待されている。具体的には、2018年にはベトナムのアパレル産業は韓国市場で20%以上の驚異的な成長を見せている。

現在、同市場ではベトナム製品成長率34.46%から中国製品成長率36.45%に到達する準備をしているが、ベトナムは現在の成長率では本年度には韓国市場において中国を追い越す可能性が高い。

EVFTA発効後、ベトナム企業は同協定によって享受出来る機会をうまく活用し、他国市場、特に中国のCPTPP加盟の見返りにEU市場を独占できるようになることを望んでいます」とVinatexCao Huu Hieuは言う。

 

人的資源 - 重要な要素

近日加盟予定のFTAを活用するために、Vinatex社傘下の多くの企業は、労働生産性を高め輸出製品の競争力を向上させるために、現代の機械設備と技術に投資してきた。一方、彼らは、ハノイ繊維・服飾・ファッションカレッジをハノイ繊維・服飾・ファッション大学に昇格し人的資源に投資する案を政府に提案し、承認された。

大学はアパレル産業の人材育成の場となることが期待されている。大学の開発オリエンテーションでは、Vinatex社は第4次産業革命期の企業経営、工場管理、企業統治の分野において、第4次産業革命の考え方にアプローチするよう学生トレーニングに求めた。

また、同グループは、機械設備を直接操作する労働者を対象に、近代的な作業設備で働く労働者のスキル向上を目的とする短期研修の定期的な開催も提案した、とVinatexCao Huu Hieu氏は述べている。

4次産業革命は必然的なルールであり、企業にはそれに立ち向かい、機械や設備に投資し、十分な労働力を持たせる必要がある。この問題は繊維産業だけで解決されるものではなく、労働者向け職業訓練を指導するためには政府と省庁との調整が必要である。

したがって、 ホーチミン市繊維・衣料・刺繍協会(AGTEKPham Xuan Hong会長は、AGTEKと商工省とホーチミン市の貿易促進センターはVinatex社とともにシンガポールのトレーニングセンターと連携し、投資分野のスキル向上訓練を含む新技術の適用と運用に関する管理職および技術職員向けトレーニングコースを開設した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年11月27日

このページのトップへ戻る