インドシナニュース

ベトナム:繊維・アパレル産業、昨年の輸出額を大きく上回る

繊維・アパレル産業は、今年、自由貿易協定のメリットを活かし、潤沢な注文を受けた結果、昨年の輸出額を40億米ドル上回る350億米ドルを得る見込みになっている。

現在、多くの企業が昨年受けた注文を順調に出荷し、2018年の新規注文を交渉中。これは、各社が市場経済の変動に適応し、持続可能な開発に向かっていることを示す良好な兆候である、とホーチミン市繊維・アパレル・刺繍・ニット協会(AGTEK)会長Pham Xuan Hong氏は語った。

ベトナム繊維協会(Vitas)のVu Duc Giang会長は、現在の市場は良好な兆しを見せているので、繊維・アパレル産業では350億米ドルの輸出目標額を十分に上回るだろうと言う。

専門家は、今年国内企業による繊維・アパレル製品の生産と輸出が引き続き強く成長していると考えている。大手ブランドは、自由貿易協定の税制優遇措置を受けるためにベトナムに注文を出している。

しかし、一方でグローバルサプライチェーンの課題を警告している。

経済専門家Le Dang Doanh氏は、ベトナムの繊維・アパレル製品は、バングラデシュ、カンボジア、ラオス、スリランカ、ミャンマーと厳しい競争に直面していると述べた。したがって企業の競争力を高め、不安定な市場の中でも揺るぎない位置を確保するようにしなければならないという。

加えて、米国は先々、中国材料で作られた製品に追加の税金を課すために、使用される材料の原産地を追跡する。

ベトナムは中国の近隣諸国であるため、ベトナム製品には目が届きやすい。したがって、リスクを避けるために中国の材料ではなく、他の材料源を使用するように事業を変えなければならないと専門家に勧告されている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年11月26日

このページのトップへ戻る