インドシナニュース

ベトナム:繊維・アパレル企業、米国市場からの受注増に注目

米中間の貿易摩擦の激化により、ベトナムの繊維・アパレル企業は、最大の輸出市場である米国への輸出を拡大する大きなチャンスを迎えている。

TNG投資貿易株式会社の在ニューヨーク駐在員事務所は、NikeA&Fのような有名なビジネスパートナー(近い将来にはGIII Apparel Groupとも)との大きな輸出契約を交わし、貿易促進をうまくなしつつある。

今年初頭8カ月間で、ベトナム北部市の大手アパレル企業TNG社は、売上高23559億ベトナムドン(1400万米ドル)を達成し、通期目標の86%を達成した(税引後利益)。対前年比54%増、年間予測の93%に達した。

TNG社の総輸出額の33.7%を米国が占めているため、ニューヨークに駐在員事務所を開設することは、同社が海外パートナーに直接手を差し伸べて仲介費用を削減する手助けをする健全なステップと見なされている。

TNG社は現在の業績と輸出契約書に基づき、売上高は34500億ベトナムドン(15200万米ドル)、通年税引後利益15700ベトナムドン(690万米ドル)で、年率25%増でした」とNguyen Van Thoi同社会長は述べた。

年初8か月間にベトナムの繊維・アパレル輸出の伸びは5年ぶりの高水準となり、輸出額は前年同期比で約200億米ドル(前年同期比17.8%増、286000万米ドル、米国からの受注のうちの半分)を記録した。

年度末はアパレル産業にとってしばしば生産のピーク期であり、特に米国・中国間の貿易摩擦において、収益および利益の高騰につながるため、本年残りの予測は明るい。

米国政府が中国製の数十億ドルの繊維製品やアパレル製品に輸入関税を課すことは、ベトナム企業が米国で市場シェアを徐々に伸ばす機会を作り出した。

Thanh Cong繊維投資貿易株式会社(TCM)社の本年度の業績見通しは、現在明るい。

8月までに、TCM社は売上高24600億ベトナムドン(1900万米ドル)を記録し(通年売上目標の80%、税引後利益1850億ベトナムドン(800万米ドル)に相当)、通年の税引き後利益目標の98%を達成した。

同業界専門家は、ベトナムの繊維・アパレル業界が米中間の貿易摩擦の最大の受益国の1つになると想定した。

米国は、アパレル製品のベトナム最大の輸出市場であり続け、2018年の最初の8ヶ月間で総輸出額は91億米ドルとなり(前年比12%)、ベトナムのアパレル製品輸出額の46%を占めている。繊維産業は、今年米国から輸出総額で138億〜140億米ドルの間で掘り下げられる見通しだ。

ベトナム繊維協会(Vitas)のVu Duc Giang会長によると、今年の好調な市場環境では、昨年の310億米ドルと比較して、繊維輸出額は350億米ドルに達する可能性がある。

国際貿易開発のための貿易統計を提供する貿易統計によると、米国の衣料品輸入総額は昨年1140億米ドル(うち、中国から408億ドル、ベトナムから1226000万米ドル)で、米国の合計輸入額のそれぞれ35.79%10.75%、前年度は57900万ドルであると示している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年10月03日

このページのトップへ戻る