インドシナニュース

ベトナム:中国製品、関税回避のために「ベトナム製」に偽装され米国へ輸出される可能性あり

中国企業が米国の関税を回避するために「ベトナム製」ラベルを使用すれば、ベトナムは付随的損害を被る可能性がある、と専門家は警告している。

経済学者Vu Dinh Anh氏は、中国企業が、世界2大経済大国間の貿易戦争の中でベトナムを介して米国に商品を輸出しようとする可能性が高いと述べた。

中国ができることの1つは、ベトナムに製品を輸出し、ベトナム企業に「ベトナム製」とラベルを付けるように求めることだ、とVnExpress Internationalに語った。

ベトナムに工場を建設し、中国から輸入された材料で製品を製造することもできる、と彼は付け加えた。「これは、米国がベトナムにも中国と同等の関税を課す可能性があるため、ベトナムにとって悪い結果をもたらすだろう。」

ベトナムの繊維・履物業界の内部関係者も同じ懸念を表明した。

ホーチミン服飾・織物・刺繍・編み物協会会長Pham Xuan Hong氏は、中国のアパレル製品が「ベトナム製」のラベルを付けられて、米国に輸出される可能性があると語った。

「私たちは、製品の原産地を追跡し、違反に対しては厳しい罰則を課すことによって、この状況を管理するよう政府に提案します。 さもなければ、産業全体が影響を受けなければならなくなります」と同氏は地元メディアに語った。

ベトナム皮革・履物・ハンドバッグ協会(LEFASO)副会長Diep Thanh Kiet氏は、ベトナムを介して中国のバッグ製品が米国に輸出される可能性は「非常に高い」と述べた。

中国のバッグメーカーが米国に輸出したい場合、輸出を容易にするためにベトナムに工場を設立すれば良い。その予算はわずか20万米ドルで簡単に実行できる。

これが制御できなければ、「米国は対中国と同等の関税をベトナムにも適用する可能性がある」ことから、ベトナムの繊維企業に重大な影響を及ぼす可能性がある、と彼は警告した。

これは鉄鋼業界ですでに起こっている。今年5月、ベトナムで製造された冷間圧延鋼材の中国原産の基材を使用した輸入に対して、米国は反ダンピング税率を199.76%、相殺関税を256.44%課した。

Anh氏は、ベトナムはこの過ちを2度と繰り返してはならないと述べた。なぜなら、製品原産地について疑問があれば米国が調査を行う可能性があるからである。



チャンスの到来

しかし、貿易戦争の中で、ベトナム製消費財には輸出のチャンスがある。

ベトナム投資開発銀行(BIDV)のチーフエコノミストCan Van Luc氏は、新しい関税の対象となる中国製品の約27%が消費財であり、ベトナムは多くの類似商品を米国に輸出している、と述べた。

「貿易戦争が激化することで、ベトナムの消費財輸出業者が米国で市場シェアを拡大する機会が生まれるだろう」とLuc氏は言った。

Bao Viet 証券(BVSC)の最近の報告によると、履物・アパレル製品は中国からの米国市場シェアを獲得する「大きなチャンス」を持っているという。

中国人民元は米ドルとベトナムドンに対して弱体化しているため、ベトナム企業は繊維資材や皮革などの材料を安く輸入することができ、米国市場で価格競争力が高まる可能性があるという。貿易戦争の恩恵を受ける他の製品は、木製の家具、電子機器、スポーツ用品、玩具である、とBVSCは述べている。

Viet Capital 証券(VCSC)は、「米国の企業が代替サプライチェーンを模索し、アメリカがベトナム製品を購入し始めれば、ベトナムは貿易戦争の恩恵を受ける」との報告書を指摘した。また、米国の関税を回避するため、外国からの直接投資が中国からベトナムに移る可能性があると付け加えた。

米政府は、今年末までに25%の関税引き上げを予定しており、924日には約2000億米ドル相当の中国製品に新たに10%の関税を課すと発表した。

中国は600億米ドル相当の米国製品に5%、10%の関税を課し、直ちに報復した。

米国は今年のベトナム最大の貿易相手国であり、計画投資省によると、最初の8カ月間に302億米ドルの売り上げを出している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年09月26日

このページのトップへ戻る