インドシナニュース

ベトナム:割高な物流コストにより競争力を失う国内アパレル企業

ベトナム繊維協会 (VITAS)の統計によると、昨年のアパレル輸出額は310億米ドルに達し、2016年に比べて19.2%増加した。

輸出額310億米ドルのうち、生地や繊維、綿といった原材料を輸入するために費やした額は180億米ドルだった。

しかしながら、アパレル企業が支払った物流費が約27.9億米ドルになり、輸出総額の9.1%を占めた。

ベトナム繊維協会によると、同国における物流費は近隣国・地域のものと比べてかなり高いという。

具体的には、ベトナムの物流費はタイと比べて6%高く、中国より7%、マレーシアより12%も高い。シンガポールの3倍もする。

合理的な人件費にもかかわらず、ベトナムの競争力は輸送費や港湾における割増金、限られた港湾設備による影響を受けている。

ベトナム最大のコンテナ港運営会社であるサイゴン新港社のPhạm Thị Thúy Vânマーケティング副部長は、物流費が高いのにはいくつかの原因があると考えている。

「物流費や手数料に関する現行の規定が高く、これにより輸送費も割高になり、他国では製品に対して15%ほどの輸送費がベトナムでは30%から40%も占めています」と彼女は述べた。

例えば、バクニン省やハノイからハノイ~ハイフォン間高速道路を使用する際のビジネス向けBOT料金が片道約75米ドルし、総運送費の40%から42%を占めている。一方、マレーシアのBOT料金の割合は総運送費の6%のみだ。

加えて、輸送ラインの割増金もまた、ベトナムにおける物流業務費を高くしていた。

物流費の高騰化は、大勢の労働者を抱えながら輸入材料品に大きく依存し製品への付加価値が低いアパレル業界に著しい影響を及ぼしていると専門家は言う。

Hung Yen縫製株式会社のNguyen Xuan Duong取締役会長は、物流費が割高なために企業が高い競争力を持つことが難しくなっていると述べた。

「弊社は毎年、輸出物流費に500万米ドルを費やしています」と彼は述べた。

1月から8月のアパレル部門の輸出額は200億米ドル近くに達している。

今年、アパレル産業は輸出目標額を340350億米ドルに設定している。もし達成できたとしても、物流費は30億米ドルに達し、ビジネス競争力は低下するだろう。

これらの問題に対処するために、多くの企業が倉庫の効率的管理やサプライチェーン最適化のための技術を適用している。

その最も一般的に使われているものの1つが、請求書や契約書の保存、企業間で自動的に書類を転送し合う技術である。

専門家らは、物流企業は彼らの競争力を改善するよう努めるべきであり、他の企業に対し物流費を削減した輸送業務による協力を検討するべきだと述べた。

また、多くの部門、特にアパレル産業の要望に応じるために物流業務の質を改善するようなロードマップを政府が作成することを提案した。

ベトナム物流協会によると、2016年のベトナムにおける物流費は総計で412.6億米ドルになり、これは同国GDP20.8%に相当する。

協会によれば、高い物流費にもかかわらず、物流費は同国GDPにたった3%しか貢献していないという。

世界銀行によると、2016年におけるベトナムの物流部門は160ヵ国中64位で、アセアン地域では、シンガポール、タイ、マレーシアに次ぐ4位だった。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年09月17日

このページのトップへ戻る