インドシナニュース

ベトナム:ホーチミン市の連休中スーパーの販売急増

ホーチミンのスーパーマーケットやショッピングモールでは、今年の独立記念日期間中に売り上げが急増した。

ロッテマートのブランディング・コミュニケーションの責任者Đoàn Diệp Bình氏は、ベトナム。ニュース紙に「加工品、魚介類、ビール、ソフトドリンクが最も売れた商品でした。売上高は昨年より25%増加しました。」と述べた。

また、91日から3日までの3日間、同ショッピングモールのフードコートやレクリエーションエリアは非常に混雑していた。プロモーションプログラムが売上高の増加に大きく貢献したと同氏は述べた。

ロッテは94日まで、全国の13店舗で数千点の製品を最大49%割引し、得意客特別ディスカウントを提供するなど、数多くのプロモーションを提供した。

スーパーマーケットでは、コーヒーチェーンTrung Nguyên Coffeeのコーヒー製品9万ベトナムドン相当の購入者に賞金総額77900万ベトナムドン(3万3482米ドル)の抽選券を贈呈した。

Co.op martスーパーマーケットチェーンのオーナー企業であるSaigon Co.opは、数千点の商品に最大50%の割引を適用し、20万枚以上の商品券の贈呈、および816日から95日までの間、通常の数十倍のお買い物ポイントを提供する、などといった同社の今年最大のプロモーション「ベトナム製品の誇り」プログラムを展開した。Saigon Co.opのスポークスパーソンによると、売上は通常時より20-40%上昇した。

生鮮食品および加工食品、飲料がトップセラーであったが、キッチン用品および衣類の販売はわずかに増加した。

Central Group VietnamのメディアコンテンツマネージャーのVũ Thanh Tân氏は、BigCスーパーマーケットでは休暇中、買い物客数が急増し、特に即席食品、パン、果物や野菜の供給が50%増加していた、と述べた。

また、Big Cでは、「祝日記念」プログラムの下、1000以上の製品において最大49%の割引を提供し、95日までは「羽ばたけ、ベトナムブランド」プログラムの元、数百のベトナム製品購入者にギフトを提供した。

多くの加工食品に最大10%の割引を提供しているVissanの店舗でも、連休中に多くの買い物客を集めた。

 

従来の市場は売上低調

スーパーマーケットとは異なり、ビンタン区のBà Chiểu市場、タンビン区のHoàng Hoa Thám市場、ゴーヴァップ区のGò Vấp市場、5区のHòa Bình市場などの伝統的な市場の取引は、通常時と比較して売上高は若干減少したが供給は豊富で価格は安定していた、と述べた。

農産物および生鮮食品のHóc Môn卸売市場の代表者は、通常約2800トンの製品が毎日届けられていたが、92日は企業や学校などの大型顧客が祝日のため、取引は通常より20%ほど減少した、と述べた。Bình ĐiềnThủ ĐứcおよびHóc Môn卸売市場によると、商品の量は93日から通常に戻るという。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年09月07日

このページのトップへ戻る