インドシナニュース

ベトナム:韓国、アパレル製品への関心増す

ベトナム税関総局(GDC)によると、ベトナムから韓国への繊維・アパレル製品輸出は2018年前半7カ月の好調な動きから今年の終わりまで増加が予想される。

7月まで、韓国への繊維・アパレル製品輸出は150億米ドルで前年同期比24.88%増加し、韓国市場に飛躍的に進展した。

7月単月では、韓国市場への繊維・アパレル製品の輸出額は27007万米ドルに達し6月と比較し24.18%、2017年の7月では24.06%増加している。

中国とベトナムは韓国への繊維・アパレル製品の2大輸出国で、それぞれ34.46%、32.67%を占めている。

ベトナムからの繊維・アパレル製品の韓国市場への輸出は加速し、3年前中国の韓国アパレル市場のシェアが40.18%、ベトナムは29.52%の差だったのを縮小させた。

税関総局によると、韓国はベトナムの4番目に大きな輸出市場となり、2017年には輸出額は27億米ドルに達した。

商工省は、韓国への輸出の急成長はベトナム製アパレルの高い競争力と同市場の消費者の高水準な消費のためとの見解を示した。

さらに、ベトナムと韓国の自由貿易協定の関税特恵が韓国市場へのベトナム繊維・アパレル製品の輸出を後押ししたと付け加えた。

両国の自由貿易協定では、ベトナムの24製品がアセアン地域の他の国と比べ低い関税が適用されている。

今年末には、ベトナムの繊維・アパレル製品の韓国への輸出は前年比20%増加すると予測されている。繊維・アパレル製品輸出額は通年で前年比22%上昇し32億米ドルに達すると「ベトナム経済」誌が報じた。

ベトナムは韓国への繊維・アパレル製品の供給国として有望と見られており、同市場への最大アパレル供給国になると予測されている。

税関総局は、今年の前半7カ月で韓国への総輸出額は102億米ドルに達し、前年比32.13%増加したと発表した。

電話と部品、繊維・アパレル製品、コンピューターと電子製品の3部門がそれぞれ輸出額10億米ドルを超え、韓国市場へのベトナム製品の総輸出額の40%以上を占めた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年09月06日

このページのトップへ戻る