インドシナニュース

フィリピン:アパレルと革製品専門の見本市が開催

初のフィリピンアパレル革製品見本市が82326日、パサイ市 モールオブアジアコンプレックスのSMX コンベンションセンターで開催される。フィリピンのアパレルと革製品、繊維産業の製造者、小売業者、卸売販売業者、株主が参加する。

CP Exhibition Ltd. Philippine Exhibitions and Trade Corp. (Petco)が主催するこの見本市は、フィリピンを拠点とする9社、中国、香港、インド、韓国、パキスタン、シンガポール、台湾などの63社が出展し、見本市で地元のアパレルと革製品、繊維の大きな可能性を広げる。

823日木曜日の午後に予定されているビジネスフォーラムセッションを開催するにあたり、貿易産業省次官・投資委員会副議長・運営代表のCerefino S. Rodolfo氏が、フィリピンのアパレルと革製品、繊維産業の現状と投資家向けに投資奨励金と機会についての講演が午後150分より予定されている。

フィリピン・アパレル輸出業者連盟が主催するセッションは、午後220分から潜在的な投資家にフィリピンの企業が投資奨励金と産業政策で政府の援助を受けどのように国際競争力を強化したかの詳細、午後320分からはアパレル産業の世界展望とサプライチェーンの動向について意見交換が予定されている。

一方、科学技術省(DOST)は、午後250分よりDOST-フィリピン繊維研究所のCelia Elumba氏による「フィリピン熱帯生地:可能性と挑戦」のフォーラムで天然繊維から作られたフィリピン熱帯生地の国内と国際市場の可能性について講演する。DOST-NCR地域局長のJose Patalinjug III氏は、大都市圏の零細企業と中小企業の成長支援を目的とする科学技術省(DOST)の「小規模企業技術向上政策」について午後420分より講演する。

ベトナム繊維協会 (VITAS)副会長Truong Van Cam氏、ベトナム国営繊維企業グループ(VINATEX)のサプライチェーンセンター担当責任者Pham Minh Huong氏、ホーチミン市アパレル・繊維協会会長Pham Xuan Hong氏は、午後350分より「ベトナム:アパレル産業モデル」のフォーラムでアパレル産業の国際市場で主役となったベトナムの軌跡について討論する。

同見本市は、フィリピン投資委員会とフィリピン・アパレル輸出業者連盟により承認され、フィリピン繊維製造者協会、マリキナ地方行政のマリキナ靴産業部事務所、フィリピン・アパレル輸出業者連盟、DOST-National Capital RegionDOST-フィリピン繊維研究所が後援している。同見本市では、革と革製品用機械とともに、生地とアパレル小物、縫製用機械と部品、繊維機械、不織布用機械、染色機と薬品、インダストリー4.0工場自動化、品質管理、コンピューターを使ったデザインツール、ソフトウェアが展示される。



その他 ジャンル:
最終更新:2018年08月24日

このページのトップへ戻る