インドシナニュース

ベトナム:世界的に急成長する綿市場

ベトナムの糸輸出の増加は、特に世界最大の糸輸入国の中国への輸出が顕著となり、綿の世界的急成長市場となった。より大量の綿をアメリカから東南アジアの国へ輸出するチャンスを促進するとアメリカ合衆国農務省(USDA)の海外農業局が公表した。

「ベトナムでのアメリカ市場のシェアは3年で3分の1から半分以上に成長した。アメリカからの綿の急激な輸入は、ベトナムの記録的な2018年~19年の消費量を支え、2017年~18年に記録された輸入と使用への予測を上回る見込みである」と最新のアメリカ合衆国農務省(USDA)の報告書「綿:世界市場と貿易」で発表された。

日本や韓国に比べ低コストなベトナム紡績工場への新規または既存の外国投資は続いている。結果として、中国やインド、パキスタンなど他の輸出国は、2012年~13年と比較して実質5倍になった中国へのベトナムの糸輸出に取って代わり、これらの国の繊維産業間のリンク拡大を示している。

ベトナムは2016年~17年と2017年~今日まで、アメリカの綿の主要な輸出国であり、綿は同期間におけるベトナムへの最も価値あるアメリカの輸出農産物で、総輸出農産物額の40%以上に上る。報告書によると、8月~6月のアメリカからベトナムへの輸出記録より、この傾向は2017年~18年も続く見込み。

2017年~18年、2018年~19年の予想される第2位の輸入国であるベトナムのパワーは、20187月時点で2017年~18年のアメリカの輸出をさらに押し上げ、この10年で最も高くなった。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年07月17日

このページのトップへ戻る