インドシナニュース

ミャンマー:靴工場、ほぼ半分が閉鎖の危機、製造業者が警告

工業区の情報筋によると、ヤンゴンのいくつかのアパレル工場と靴工場は、今年、厳しいグローバルビジネス環境と政策方向の欠如の中で閉鎖する予定である。

Hlaing Tharyar工業区の約500人の従業員を抱えるアパレル工場は、最近になって、財政的制約のため近日中に閉鎖すると言った。

「すぐには閉鎖されません。閉鎖を計画し、従業員への報酬をどのように補償するかの概要を述べただけです」とShwe Lin Pan工業区管理委員会委員長のU Aye Thaung氏は言う。

「工場を閉めることは、ビジネスマンが最も嫌うことです。彼らはもはや続行する余裕がない場合にのみ閉鎖するでしょう」と彼は言った。

製造業者によると、政府の政策の頻繁な変更、生産性の低下、海外からの注文発注の減少が原因で、アパレルや靴工場が生き残ることが困難になっているという。

U Aye Thaung氏によると、既存の国内外の工場が苦戦しているため、新たな投資は行われていない。

「今年は雇用機会が少なくなりました。そしてこの傾向は、既存の工場が労働力を削減しているため、継続するでしょう」と彼は述べた。

「多くの工場労働者が解雇を余儀なくされるでしょう」

世界の履物市場におけるミャンマーのシェアが低下したため、多くの靴工場が閉鎖する予定である。

「ほとんどの場合、現在、ウォーキングシューズが市場を支配しています。だから、革靴工場は生き残ることが難しい。外国のバイヤーからの注文が減少したので、彼らは労働者を解雇しました」と彼は語った。

革靴は主に西洋諸国や日本や韓国など一部のアジア諸国に輸出されている。

ミャンマーで現在操業している15の靴工場のほぼ半分が今年末までに閉鎖される可能性があると靴工場を所有するU Aye Thaung氏は述べている。スポーツシューズやレディースシューズを製造する工場だけが順調に進んでいるという。

「アディダスは約10万人を雇用するHlaing Tharyarに靴工場を建設しました。しかし、主に政府の政策の頻繁な変更のために、このプロジェクトの話が進むことはないでしょう」と彼は語った。

「大きな投資家は、長期的な計画を立てる必要があります。だから、長期的にはプロジェクトができると確信できるようになるまで、生産を開始しないのではないでしょうか」と彼は言った。

「工場が閉鎖しているのは本当の懸念の原因です。外国投資家が工場を閉めて自国に帰るのは、わが国にとっては良いことではありません」と下院議会下院のHlaing Tharyarの議員であるU Win Myint氏は語った。

Shwe Lin Pan工業地帯に拠点を置くExcel Int'l Trading Co.社長U Nay Lin Zin氏は、昨年から多くの工場が苦戦していると指摘している。

「最低賃金の引き上げやその他の操業上の困難のために今月工場が2社閉鎖しました。他にも数社苦労しており、すぐに閉鎖する可能性が高いです。これは工業団地のための良い兆候ではありません」と彼は言った。

工場所有者によると、土地の取得と操業に関する複雑な手順、信頼性の低い電力供給、工場団地内の不法占拠者の存在は、工業団地が直面する大きな問題の1つである。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2018年07月13日

このページのトップへ戻る