インドシナニュース

ベトナム:繊維・アパレル製品の輸出市場拡大

2018年当初5ヶ月で、ベトナムはほとんどの主な市場で繊維製品の輸出が拡大していると税関総局は報じた。

包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定加盟国市場への繊維製品の輸出は、ベトナムの総繊維製品輸出売上高の17.1%を占め、18.7億米ドルに到達した。

これに関連し、日本への輸出は最も高い増加で22.6%、13.9億米ドル。シンガポールへの輸出は、22%上昇し3916万米ドル、カナダ向けは、17.4%上昇し23029万米ドル、オーストラリア向けは、16%上昇し、7941万米ドルとなった。

包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定は2019年初頭に発効され、ベトナムの繊維産業に膨大なチャンスをもたらすと期待され、輸出額年率3%から6%アップが見込まれる。

ベトナム税関総局によると、1月から5月期のベトナムの繊維製品の輸出成長率は、前年比16.2%で1910億米ドル、ベトナムの総輸出額の11.2%を占めた。

同部は、昨年の同じ期間に対する主要市場への輸出額は、増加していると述べた。アメリカは、ベトナムの繊維製品の最大輸出市場で、12.4%成長し51.5億米ドルであった。

次にEUが続き、12.1%上昇14.3億米ドル、日本22.6%上昇13.9億米ドル、韓国22%上昇10.9億米ドルとなった。

一方、トルコへの輸出は96.8%伸び1923万米ドルに達し、ポーランド向けは69.3%伸び2343万米ドル、ミャンマー向けは65.9%伸び919万米ドル、エジプト向けは65.2%伸び233万米ドル、ハンガリー向けは60.4%伸び184万米ドルとなった。

外資系企業の繊維製品輸出は、総繊維製品輸出額の60.6%を占め、昨年同時期と比べ16.8%上昇し、66.2億米ドルに達した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年06月29日

このページのトップへ戻る