インドシナニュース

ベトナム:繊維・アパレル産業の2大投資国は韓国、台湾

16の国と地域から2000社以上の海外企業が、ベトナムの繊維・アパレル産業に対して総額約157500億米ドルを投資してきた、とベトナム繊維協会(VITAS)のVu Duc Giang会長は述べた。韓国はベトナムにとって44億米ドルを超える最大投資国であり、台湾、香港、日本が続く。ベトナムの通信社の報告によれば、台湾からの投資は25億米ドル相当、香港からの投資は21億米ドル相当、日本からの投資は78900万米ドルである。

今年初め頃、日本の伊藤忠商事が4700万米ドルを費やし、ベトナム繊維公団(Vinatex)株の10%を追加取得することによって総保有株を15%に増やし、ベトナム商工省に次ぐ2番目の大株主となった。その他の大手海外投資計画には、シンガポールによるNam Dinh Ramatex繊維・アパレル工場への8000万米ドル投資や、ジッパーとその他アパレル産業用材料に特化したHa Nam YKK工場 への8000万米ドル投資などがある。

低労働賃金と環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)を含む自由貿易協定により、海外投資家らはベトナムの繊維・アパレル産業に魅力を感じている、とVu Duc Giang会長は述べている。

CPTPPが施行されれば、ベトナムは繊維・アパレル製品を年間最大400億米ドル購入しているCPTPP参加国への輸出量を増やすことが可能となる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年06月27日

このページのトップへ戻る