インドシナニュース

ベトナム:繊維・アパレル産業、CPTPPによるビジネスチャンスに大いなる期待

環太平洋パートナーシップ(CPTPP)のための包括的かつ累進的な協定は、2019年初めに発効される予定である。この協定によりベトナムの繊維・アパレル産業は数多くの機会を得ることになる。

ベトナム繊維協会によると、業界は、ベトナムがまだ自由貿易協定(FTA)に署名していないものを含め、巨大な可能性を持つ多くの市場に参入できるという。

CPTPPの下では、ほとんどの製品の輸入関税が7年間でゼロになり、企業は高い経済効率を達成し、競争力を高めることができる。

繊維・アパレル企業はまた、原料供給を利用し、CPTPP加盟国の生産技術と経営スキルについても学ぶことができる。

毎年10%の輸出増加を実現するためには、貿易協定加盟国の市場を最大限に活用する必要がある。

協定は、輸出入の両方において企業に新たな機会を提供する。 例えば、現在ベトナムのアパレルメーカーは、中国、日本、韓国から輸入された材料に依存しなければならない。 CPTPPによって、企業はオーストラリアからのウールなどの他のCPTPP諸国から材料を輸入することができるようになる。

CPTPPが提示する機会を生かすために、企業は国家管理機関から強い支持を得る必要がある。 企業は、市場を徹底的に調査し、市場に浸透するための努力を惜しまなくしなければならない。 現代の機械に投資し、労働者の技術を磨くべきである。

元々の太平洋パートナーシップ(TPP)は、20162月に12か国が署名したが、ドナルド・トランプ米大統領が20171月に就任した時点でアメリカは脱退した。

オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムの残り11カ国は引き続き協定に署名し、20183月にチリでCPTPPと改称した。

世界保護主義に対する強いメッセージを伝える協定は、加盟国の人々の経済成長を促進し、雇用を創出し、貧困を削減し、生活の質を向上させることが期待されている。

今回の買収により、世界最大の自由貿易圏の1つが創出され、4.99億人と101000億米ドルのGDPが結合し、世界のGDP13.5%を占めることになる。

VTAAによれば、16カ国・地域からの2000社以上の外国企業がベトナムの繊維・アパレル産業に157500億米ドルを投資している。

2017年にCPTPP加盟国の全繊維製品の輸入総額は530億米ドルを超えた。

ベトナムは2017年にCPTPP加盟国向け繊維製品輸出で市場シェアの9.07%を占める48億米ドル以上を獲得した。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年06月25日

このページのトップへ戻る