インドシナニュース

ベトナム:Denimsandjeans、ロックンロールファッションを主題に

627日から開催する国際デニム・スポーツウェア系列の展示会Denimsandjeansベトナムは、ロックンロールスタイルがデニムファッション産業へ与えた影響に着目する。デニムとレベル・ミュージックは長年の関係があり、エルヴィス・プレスリー、ジェームズ・ディーン、ビートルズ、ローリング・ストーンズやその他60年代の歌手が活躍した時代まで遡る。

この展示会は2日間開催され、ロックンロールファション時代を彷彿とさせるイベントとなるだろう。特にEUやアメリカのアパレル小売店、ブランド、工場などが展示会に参加する見込みだ。Denimsandjeansの展示会は、有益なセミナー、パネルディスカッション、発表が行われるとして有名だ。開始当初から、主催者は毎回著名なデニム専門家を呼び、それぞれの回で知識提供の場を設けている。ベトナムでの展示会では、Danit Peleg氏、Dilek Erik氏、Stefano Aldigheri氏などといった、様々な登壇者を迎える。

参加者は、コバステッチ、2色デニム、レーザー加工、アースカラー、ロック加工などデニム産業の最新デザインが施された様々なデニムトレンドを紹介する。

展示会では、有名なRMIT大学の学生が地元ブランド向けに製作したデニム製品の全作品が初披露される。

Denimsandjeansによって、ベトナムの学生の技術が世界へ披露されることになる。

現在、ベトナムには6,000のアパレル関連企業があり、250万人の労働者が従事し、2017年には310億米ドルに値するアパレル製品を輸出している。ベトナムはアメリカにとって、中国に次ぐ2番目に大きなアパレル輸出国である。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年06月14日

このページのトップへ戻る