インドシナニュース

ベトナム:Lazada E-logisticsがハノイに自動仕分けセンターを開設

Lazada E-logistics Vietnam612日、ハノイに自動仕分けセンターを公式に開設する。これは、持続的発展と急成長するeコマースへの参入を図るための施策の一環である。

小包の仕分けにロボットを使用するこのセンターは、Lazada E-logistics Vietnamではホーチミン市に続き2施設目となる。この新施設は、一時間数万個の小包を取り扱う事ができる。

これはLazada E-logistics Vietnamの、環境に優しい輸送車と技術に投資することで、環境配慮と持続的発展を目指す戦略の一部である。

「我々は輸送サービスに数十台の電動自転車を用いており、2018年末までにこの種類の車両を数百台単位まで増やす計画です。電動3輪、4輪車を将来流通させるための投資を計画しています。」とLazada E-logistics Vietnamの代表Vu Duc Thinh氏は述べた。

環境配慮への方法は明示されたが、ベトナムでは3輪車両が禁止されているため、実際にこの計画を展開することは大きな挑戦となる。

Lazada E-logisticsや他の企業が電動3輪車、4輪車をベトナムで将来広く展開するには、私達は政府機関からの支援と詳細なガイドラインが必要です。」とVu Duc Thinh氏は加えている。

Lazada E-logisticsLazadaグループは、最近中国の巨大企業Alibabaから20億米ドルの追加投資を受けており強力な追い風を手にしており、企業の投資総額を40億米ドルまでに増やしている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年06月06日

このページのトップへ戻る