インドシナニュース

ベトナム:新TPPは繊維・アパレル産業に利益をもたらす

包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)は、これまでのTPPで作られた開放市場へのコミットメントは変わらず、ベトナムの繊維・アパレル製品、食品・飲料産業に利益をもたらすと期待されている。しかし、利益はTPPの場合よりも低くなる。

ドナルド・トランプ米大統領は昨年選出された後、TPPから撤退した。

日本は、ベトナムの繊維・アパレル産業で年間2番目の輸出市場であり、年間成長率は23%である。ベトナムからの衣料品輸入量は、中国からの衣料品輸入量(6%対65%)よりもはるかに少ない。しかし、ベトナムの新聞によると、中国の輸入が減少傾向にあるのに対して、日本の輸入は特恵関税のため上昇しているという。

CPTPPは生産と輸出を増やす機会がTPPほどではなく魅力に劣るが、それでも、輸出の多様化のレベルを上げることが期待されている。

世界銀行はCPTPPがベトナムの国内総生産が2030年までに1.1%増加するのを助け、CPTPP諸国への輸出高はベトナムの輸出総額の25%になると推定している。

このうち、食品・飲料、履物、繊維・衣類などのベトナムの重要な事業分野は、輸出高がそれぞれ101億米ドル、69億米ドル、5億米ドル増加すると見込まれる。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月26日

このページのトップへ戻る