インドシナニュース

ベトナム:コンビニエンスストアに押され小規模小売店舗は苦戦

ホーチミン市の小規模な小売店は近年増加するコンビニエンスストアに顧客を奪われつつある。

Circke KVinmartのようなコンビニエンスストアはホーチミン市の至るところに存在する。小規模小売店と違って、これらのコンビニ店舗にはエアコンがあり、顧客が無料で利用できるwifiもある。

タンビン区のNguyen Thi Nhuさんは、以前は彼女が経営する店舗で家族全員を養うことができたが、 現在では難しいと話す。彼女はコンビニに置いてないものを売るしかない。

タンフー区の店員Truong Thu Yさんは、「5−7年前には、3店舗で2人を雇用していたが、今では誰も雇うことができない。悲しいが、これが現在の潮流だから受け入れるしかない」と話す。こうした変化は市の中心部だけではなく、郊外にも多数のコンビニが出店している。

ゴーヴァップ区の顧客Le Lanさんは「とにかく便利だ。5分で買い物をして、店を出ることができる。製品は多様だし、品質もコンビニ以外の小売店よりも信頼している」と話す。

多くの投資家はホーチミン市で事業をさらに拡大することを計画している。Vinmartはさらに数百店舗を開設予定で、海外資本のCircle KB's MartFamily Martも急速に拡大している。GS25ToromartHoc Monや、Cu Chiといった都市近郊部にも店舗を開設する計画である。

苛烈な競争によって、多数の国内コンビニエンスストアブランドが閉店している。

業界専門家によると、海外投資家はまず都市中心部の有利な立地を抑え、その後農村部にも拡大している。

Saigon Co.opNguyen Anh Duc副社長は、国内投資家もまだ競争できると考えている。「海外投資家には経営経験と資本があるが、国内投資家は市場と消費者の嗜好についての深い理解がある」と彼は話す。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月06日

このページのトップへ戻る