インドシナニュース

ベトナム:ビンズン省、2018年2月の求人数は2万人以上に

ベトナム南部ビンズン省の職業斡旋センターによると、同省では旧正月(テト)の休暇前後で500社以上が20,803名の求人を登録したという。

全求人のおよそ80%にあたる16,785人が未熟練労働者の求人で、残りが熟練労働者となる。ほとんどの求人が運輸、建設、事務、履物、縫製・繊維、電子、木材輸出といった分野となっている。

メディアでの広告に加え、省は求職者と企業のマッチングのための就職活動フロアを設けることを計画している。

就職斡旋センターのNguen Thanh Phuong次長によると、テト休暇期間の求人増に加え、多くの労働者が休暇後に転職することから、2月は省の労働力需要が上昇するという。

テトの休暇後、陰暦17日にあたる222日に復職した労働者は25%に過ぎないが、この割合は昨年より5%上昇した。省内の工業団地でも40%程度と見られる。

南部の主要経済圏に位置するビンズン省はベトナムでも有数の産業拠点となっている。

現在、ビンズン省には総面積は12790ヘクタールに達する29箇所の工業団地があり、そのうち26箇所が稼働している。2020年までには工業団地は34箇所、総面積15000ヘクタールとなる予定である。

2017年、ビンズン省には25億米ドル以上の直接外国投資(FDI)がもたらされた。これは前年実績の125%増、目標額を79%上回る結果であった。直接外国投資の80%がすでに支出済みで、この結果も前年までの平均78%を上回っている。

ビンズオン省は2018年には14億米ドルの外国投資誘致を目標としている。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年03月01日

このページのトップへ戻る