インドシナニュース

ベトナム:中国への繊維製品輸出が増加中

ベトナムは生地や副資材を中国から大量に輸入しているが、ベトナム繊維公団は中国への輸出の増加は好ましい兆候だとしている。

税関当局のデータによると、2017年の中国からの輸入は90億米ドルで、全ての繊維関連の輸入の42.7%を占め、前年比12%の伸びであった。

ベトナムは韓国、台湾からも原材料を輸入している。韓国製品は中国製品の4分の1、台湾製品は5分の1の価格である。

昨年のベトナムの中国からの輸入には60億米ドル相当の絹、20億米ドル相当の皮革、8億米ドル相当の糸が含まれる。

しかし、ベトナム繊維協会(Vitas)は、中国への繊維製品の輸出は順調に増加しており、輸出額は2015年の22億米ドルから2016年には32億米ドルへと増加したことを指摘する。繊維協会は、中国への輸出額は今後も増加すると予測している。

繊維協会によると、中国ではインドやパキスタン等、それ以外の国からの輸入には3-5%の関税が課されるのに対し、アセアン・中国自由貿易協定により、ベトナム製品は無関税で輸入できる。

中国はベトナムの繊維製品輸出市場の上位5ヶ国のひとつである。

世界最大の人口を擁する中国では市場も非常に区分化されており、ベトナムの繊維製品が参入できるチャンスが大きい。

2017年のベトナムの繊維・アパレル輸出は310億米ドルであった。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年02月16日

このページのトップへ戻る