インドシナニュース

ベトナム:外資系企業がオンライン小売を買収(前)

外資系企業は、発展を続けるベトナムのオンライン小売市場において主導権を握ろうと、現地企業に対する資本投下の姿勢を強めている。

中国最大の小売業者であるJD.comは最近、ベトナムのB2Cを対象とした大手電子商取引プラットフォームであるTikiに対して戦略的投資を行うことによって、東南アジアにおける新たな足がかりを得た。Tikiが最近実施したシリーズC投資グラウンドにおいて、JD.comは主要な共同出資者として持分契約を締結した。このシリーズC投資ラウンドの成立はTikiが一定の決算条件を満たしていることが条件となるが、成立した場合はJD.comTikiの最大株主の1人となる。

JD.comは、販売プロモーション、国際取引、物流や商品補充、テクノロジー、資金調達や業務管理を含む幅広い領域において、Tikiと提携することとしている。JD.comはインドネシアで既に電子商取引プラットフォームを所有、運営しており、最近ではタイ市場に参入するために、タイの複合企業であるCentral Groupと提携した。今回のTikiに対する投資によって、JD.comによる東南アジアにおける新たな成長の足掛かりにベトナムが加わったこととなる。

「ソーシャルメディアをeコマースに活用するというJD.comの強みを活かし、VNG社と共同で遂行するソーシャルネットワーキングとモバイル決済分野におけるTikiとのパートナーシップ事業においては、ベトナムのサプライヤーや消費者に他社とは異なるサービスを提供することを目指しています。我々はTikiと協力して、ベトナムの消費者に世界一流のeコマース体験を提供することを楽しみにしています。」とJD.comインターナショナルのWinston Cheng社長は述べた。

この事業によって、TikiJD.comは協力して幅広いラインナップのグローバルブランドを消費者に届けることができる一方で、ベトナムの国内ブランドについてもJD.comのグローバルプラットフォームを通じて国際的に展開することが可能になるという。

7年間の事業運営の中で、Tikiは業界平均の3倍となる年間3桁の成長率で継続的に拡大してきた。 Tikiは、ベトナム最大で最も信頼される総合電子商取引プラットフォームになることを目指している。



(中編につづく)



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年01月31日

このページのトップへ戻る