インドシナニュース

ベトナム:民俗画が流行ファッションに(後)

(前編より)



若い画家であるNguyn Xuân Lam氏は、伝統的な民俗画を活用する独自の方法を編み出した。

Lam氏は、民族芸術を現代的な技術でリモデルし、世間の注目を集めている。彼はグラフィックス・ソフトを使用し、伝統芸術に現代的な要素を加えている。彼のカレンダー、ノート、トートバッグ、ポストカード、ブックマーク、ファッションデザインや民族的なパターンは、多くの若者を魅了している。

今月初めに発売されたLam氏のパーカー・コレクションには、 5匹のトラ、鶴と(ベトナムの伝説的なヒーローである)Saint Gióngのプリントが施されていた。このデザインは数日で完売したが、このことは、若者たちがこの絵柄をいかに好んでいるかを証明した。

「このコレクションは、ストリート・ファッションと伝統的な模様の素晴らしい組み合わせを表現しました。」と彼は言った。「このシルクスクリーン・プリントは生地の色をクリアに保ち、ホットプレス・プリントと比較して高品質な商品を実現できます。」

Lam氏は2年前にグラフィック技術を用いて絵画を再現するという、V Li Tranh Dân Gian(民俗画 のリメイク)プロジェクトを開始した。それはベトナム美術博物館で進路に迷い、祖父母の家で見たことのある絵を偶然見つけたときから始まった。

「見事な芸術が私を圧倒し、私は旧正月の間に何か特別なことをしたいと考え始めました。それが、民俗画のリメイクというアイデアが私の頭に浮かんだ瞬間です。」

Lam氏は民族芸術を皆に、中でも特に若者に親しんでもらおうと考えている。彼のインスピレーションによって、人々は新年に民俗画を鑑賞するだけでなく、いつでもどこでもそれを楽しむことができるようになった。

今月の初め、講師のTrang氏は人生に民俗画を取り入れることをテーマとしたトークショーで、Lam氏と会談した。

「ベトナムの伝統芸術、特に民俗画は、我々の熱意によって若者の心と魂の中に残り、刻まれることが可能となるのです。」



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年01月27日

このページのトップへ戻る