インドシナニュース

ベトナム:2018年の縫製産業に明るい見通し

ベトナムの繊維・アパレル産業は2018年も順調に成長すると予想されており、専門家らは2018年の輸出額を前年比10%増の335-340億米ドルと予測している。

Hung Yen縫製(HUGACO)Nguyen Xuan Duong会長は、2017年の実績、企業側の準備態勢、政府の縫製産業支援策により、堅調な成長を確信していると述べた。

ベトナム繊維協会によると、2017年初頭、繊維・アパレル産業は「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)」の遅れと世界的なアパレル需要の低迷を原因とする諸問題に直面したが、第2四半期には低迷を脱し、最終的には前年比10.23%増の310億米ドルの輸出額を達成した。

2017年、ベトナムから主要市場への縫製輸出額は対米国が7.2%、対EU9.23%、対日本が6.1%、対韓国が11.8%、対ロシアが56%増加した。

ベトナムの繊維・アパレル輸出額の伸び率は中国、インド、バングラデシュ、トルコやインドネシアといった他の輸出国との比較においても最も高い。

ベトナム繊維協会のTruong Van Cam副会長は、国内の縫製企業は保険料、土地代、税金、輸送費や通関手続き費用の面でミャンマー、カンボジア、バングラデシュなどとの競争に直面するだろうとの見通しを述べた。

ベトナム繊維公団(Vinatex)のLe Tien Truong会長は、国内の繊維・アパレル企業は技術導入、投資誘致と繊維アパレル協会の組織網の強化に注力することを提言している。

製品の付加価値を向上させるためには、デザインへの投資強化に加え、顧客ブランド名でのデザイン製造(ODM)を10%は増やすべきである。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2018年01月17日

このページのトップへ戻る