インドシナニュース

ベトナム:2018年の繊維・アパレル製品輸出の見通しと問題点

ベトナム繊維・アパレル産業の2017年の輸出額は目標額の310億米ドルに到達しようとしている。専門家らは来年も好調な成長が続くと予測している。

2016年と2017年初頭、海外取引先からベトナムへの発注は急激に減少した。そのため、国内の繊維・アパレル企業は生産システム改善への投資を増やし、より競争力の高い製品を開発し、新市場の開拓を行なった。

その結果、第3四半期の終わりまでに輸出額はすでに230億米ドルに達した。第4四半期の売り上げは80億米ドルと予測されており、年間輸出額は前年を10%上回る310億米ドルに到達する見込みである。

もしこの目標額に到達すれば、ベトナムは繊維・アパレル製品の輸出額において世界で26番目ということになる。

この成果は企業の注意深い準備と政府の周辺産業整備への支援政策によるものだ。2018年も縫製・繊維産業の好況は続き、2桁の成長率を記録するだろう。

Hung Yen Garment Corporation Nguyen Xuan Duong会長は、「2018年、受注や生産量は増えるかもしれないが価格は下落するだろう。これは全ての市場に共通した傾向だが、労働力をはじめとする投入コストはすべて上昇しているため、ベトナムの繊維・アパレル企業にとっては頭痛の種だ。技術革新や機材の更新、事業経営の効率化により労働生産性をあげることが唯一の解決法だろう」と述べる。

商工省のPham Tat Thang上級研究官は、ベトナムの繊維・アパレル輸出市場は保護貿易主義によりかつてない変化に見舞われていると話す。

「大きな市場がより閉鎖的になりベトナムにも影響が出ている。パキスタンや中国といった競合国があるためベトナムは競争力を強化する必要がある。世界をリードする国のレベルに追いつくためには国内企業による技術への投資が必要となる」とThang研究官は話す。

科学技術やITの発展により、生産・供給モデルに急激な変化が起こる中、縫製・繊維産業の競争はますます苛烈になると予測されている。ベトナム繊維協会のVu Duc Giang会長は、生産、技術開発、ブランディング、プロモーション、先進技術、特にベトナムで開発された技術を総合的に展開することを訴える。

「偽ブランド品のベトナムへの侵入を防ぐよう政府に要請した。繊維協会は繊維・アパレル産業およびその企業の持続可能な成長を支援するための政策立案を行なっている」とGiang会長は述べた。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年12月11日

このページのトップへ戻る