インドシナニュース

ベトナム:APEC加盟諸国が繊維・アパレル製品の主要輸出先になるとの予測

近いうちにベトナムの縫製繊維輸出の74-75%を米国、日本、韓国、中国等のアジア太平洋経済協力会議(APEC)フォーラムの主要参加国が占めるようになるだろう。

ベトナム繊維公団(Vinatex)のLe Tien Truong会長は、今年のアパレル部門輸出は上記のAPEC4カ国および欧州連合(EU)向けで順調な成長を示すだろうとの見込みを述べた。

米国向けのアパレル輸出は現在まで6.5%増加しており、今年の輸出額は130億米ドルに達する見込みで、総輸出額の13-13.5%を占める。

2016年以前は米国、日本、EU、韓国しか40億を超える市場はなかったものの、今年は中国がベトナムの主要市場として浮上したとTruong会長は述べた。

今年1月から8月末までのベトナムから中国への 縫製繊維輸出は30%増加し、輸出額は67000万ドルに達している。

APECのメンバーでもあるロシアをはじめとするユーラシア経済連合の国々への輸出は90%増加した。2017年のロシアへの輸出は2億米ドルを超す見込みで、ベトナムの輸出先上位10ヶ国の一つとなりうる。

ホーチミン市縫製・繊維・刺繍・織物協会のPham Xuan Hong会長は、今後4-5年でロシアは10億米ドル市場になるだろうと予測する。

Hong会長は、今後も企業はASEAN諸国、ユーラシア経済連合諸国、インドでの市場開拓に努めるべきだと述べる。

ベトナム繊維協会のVu Duc Giang会長は、市場を拡大するには世界規模での競争力強化を意識した技術開発とブランドネームの浸透が必要になるだろうと述べた。

ベトナム繊維協会によると、20171月から9月末までの縫製繊維輸出は230億米ドルに達している。

2017年の繊維・アパレル産業の輸出目標額は305億米ドルで、前年度実績の281億米ドルを大きく上回る。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年11月21日

このページのトップへ戻る