インドシナニュース

ベトナム:日本のアパレル企業が国内大手ファッションブランドNEMを買収

118日、日本のアパレル製造大手ストライプインターナショナルはNEM Groupのアパレルブランドを買収したことを発表した。同社はこの買収計画について88日にすでに明らかにしていた。

ストライプインターナショナルはベトナム市場を狙いNEMのレディースアパレル事業を買収した。

Stripe Vietnam JSCが買収以降の業務を行う。ストライプインターナショナルは東南アジアの急速な経済発展を背景に東南アジアへの進出を営業戦略としており、ベトナム市場へのさらなる進出を目指している。

今回のレディースブランドの買収により、日本のアパレル企業が初めてベトナムに上陸することとなる。買収についての同社のプレスリリースでは、アセアンでの戦略的市場であるベトナム市場での成功を重視していることを強調している。

NEMグループは10月時点でレディースカジュアルブランドNEMをハノイ、ホーチミンを中心に44店舗展開しており、ベトナムの20代から40代の働く女性の間ですでに高い人気を得ている。

近年、NEMは毎年10店舗以上の出店を果たしており、グループの20%を上回る利益を生み出している。2017年末までに売上高は2600万米ドルに達すると予測されている。

「レディースアパレルは日本でも高い売上を記録しています。NEMのノウハウを活用しベトナム国内でのさらなる出店を進めることで、経済発展著しいベトナムでのNEM事業のさらなる拡大を目指す」とストライプインターナショナルの広報は説明する。

2016年初め、ストライプインターナショナルはレディースアパレルのAlphabet Pastelと子供服ブランドSmarbyを買収している。

NEM1997年の創業以来、2600万米ドル規模にまで成長した。ハノイを中心に展開している。

ストライプインターナショナルは19952月創業のアパレル製造・販売業者。Stripe Vietnam JSCは資本金1750億ベトナム・ドン(770万米ドル)で201710月に創業された。

最近、118日にはスペインのアパレルブランドZara、そしてスウェーデンの多国籍アパレル企業HMが立て続けにハノイで開店し、メンズ、レディース、ティーンエイジャー、子供用衣類のファーストファッション市場に進出している。



ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年11月17日

このページのトップへ戻る