インドシナニュース

ミャンマー:縫製産業輸出額が13億ドルに到達

商業省によると、本会計年度の国内縫製産業の輸出額は10月20日時点で13億米ドルに到達している。縫製産業は輸出額において全産業中第2位となった。

「本会計年度の輸出額はおよそ13億8000万ドルに上り、昨年同期の9億4500万ドルから4億3300万ドル増加した」と商業省のKhin Maung Lwin事務次官補は述べた。

商業省によると、10月20日時点では工業完成品の輸出額が最も多く34億6000万米ドルであった。工業完成品のうち天然ガスが首位を占め16億4000万米ドル、その次がCMP(裁断・縫製・梱包)型縫製産業で13億8000万米ドルであった。

「縫製産業は現在急速な成長を遂げている。ヨーロッパ、アジア諸国からの受注が増加している」と商業省のAung Htoo副大臣は述べた。

2010年、ミャンマーの縫製輸出は3億3700万米ドルであった。2014年には縫製輸出額は10億米ドルに到達した。2015年にはさらに14億6000万米ドルへと増加し、総輸出額の10%を占めるまでになった。

その他の輸出額は、農産品輸出額は15億9000万米ドル、その他が13億5000万米ドル、鉱業製品が7億5800万米ドル、海産物が3億2800万米ドル、動物関連製品が1000万米ドル、林業製品が1億2300万米ドルとなっている。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2017年11月14日

このページのトップへ戻る