インドシナニュース

ミャンマー:縫製産業は爆発的に成長

Shwepyithar工業団地のMyanmar SUMEC Win Win Garmentsの新工場で行われた開所式の席上、商業省のAung Htoo副大臣はヨーロッパ諸国やアジア諸国からの縫製受注は増加しつつあると述べた。

ミャンマー縫製産業の歴史は浅いものの、急速に勢いをもって成長しているとAung Htoo副大臣は述べた。

2010年の縫製輸出は33700万米ドル(4595億ミャンマー・チャット)であったが、2014年にはおよそ3倍の10億米ドルに届くまでに成長した。2015年の輸出額は146000万米ドル、ミャンマーの総輸出額の10%に到達するまでとなった。

2015年にはEU市場への縫製輸出額は80%増加している。

商業省はミャンマー縫製業協会と協力して10年計画を策定している。

近年、ミャンマー国内の縫製工場の数は増加し400箇所以上となっている。2016年には縫製産業で35万人が雇用されており、女性がそのおよそ9割を占めている。

ミャンマー縫製業協会は、裁断・縫製・梱包型(CMP)縫製業による今年の輸出額は10億米ドルに達すると見込んでいる。



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2017年11月07日

このページのトップへ戻る