インドシナニュース

ミャンマー:手工芸分野で輸出促進の働きかけ

ミャンマー商業省貿易促進部によると、ミャンマーの手工芸業者は海外市場でも特にタイ、ベトナム、インドネシアでの販路を求めている。

ミャンマーには手工芸品を生産してきた伝統がある。ここ数年、ミャンマーの手工芸品は従来の寺院やBogyoke Aung San Marketのような市場以外のアートギャラリーやショッピングモールでも扱われるようになり、国内外の消費者の注目を集めるようになってきた。それにもかかわらず、手工芸品市場は産業として成立するに至っていない。ミャンマー手工芸芸術協会と商業省は手工芸製品の輸出促進の試みを行なっている。マーケティングについての講義やワークショップ、ジョブフェアの開催、国内の生産者と外国人バイヤーを繋ぐなどの試みが行われている。

商業省は伝統的手工芸ビジネスを管理可能な規模で拡大させてきた。ミャンマーの伝統的手工芸セクターの改善のため今後も関係者が協調していく予定である。

「10の芸術(Pan-se-myo)」として知られるミャンマーの伝統的芸術は技術が代々継承されることで守られてきた。

「この3ヶ国には可能性がありますが、輸出促進のためには新しい政策を策定する必要があります」と商業省貿易促進部のU Aung Soe部長は話す。

現在手工芸業者らは環境面での負の影響を最小限にとどめつつ、輸出を促進するための方策について関係者と協議を進めている。

昨年、ミャンマーはヨーロッパに伝統的手工芸品を1200万米ドル輸出している。一方、カンボジアの輸出額は4500万米ドル、ベトナムの輸出額は驚異的で4億4200万米ドルに達する。

ミャンマー ジャンル:
最終更新:2017年10月27日

このページのトップへ戻る