インドシナニュース

ミャンマー:縫製産業は女性に就業機会を提供しているとNGOに反論

ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)で10月4日、縫製産業に関する報道発表会が行われた。

ミャンマーの縫製産業は労働集約的であり、初等教育終了レベルの女性にも雇用機会を提供し、そして外国投資も誘致している。2016年の世界銀行の報告書「動きつつある国:ミャンマー2地域における国内人口移動」によると、ほとんどの人は安定した仕事を求め、縫製産業に到達する。縫製産業は他の仕事と比較すると高い給与レベルが保証されている。

ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)は、NGO等による報告は体系的な調査に欠けているとして疑問を呈した。加えて、こうしたNGOが調査の対象とした女性労働者の数はヤンゴン地区の全ての女性労働者を代表するには不足であると述べた。

縫製産業における女性労働者の安全に関する報告書についての会見が2017年6月15日にAction AidとAction Labour Rights の主催によりSummit Park View Hotelで開催された。

この報告書に基づき、政府は報告書で名指しされた工場の査察を行った。この報告書に登場した企業は「企業の社会的責任遵守イニシアティブ」の認証を受けていることが判明した。


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2017年10月12日

このページのトップへ戻る