インドシナニュース

ミャンマー:ヤンゴンの縫製工場で抗議活動

ヤンゴンのHlaing Tharyar地区Shwe Lin Pan工業団地のY.S.T Garment Factoryの労働者50人以上が、4月20日以降工場前で抗議活動を行っている。

報道によると、4月以降、工場オーナーが通常の給与20万-30万チャットを支払わず、18万チャットしか支給していないため、抗議活動が発生したという。

「ここ3-4か月ほど、基本給の日額3600チャット分しか支給されていない。工場オーナーが面会に応じなかったため、抗議活動を開始した」と工場で働くThaw Zin Ooさんは話す。

工場長は、給与が引き下げられたのは労働者らが3月31日から4月7日までの8日間抗議活動を行ったため、発注減で損失を受けたためだと話す。

「抗議活動のニュースを受けて発注がキャンセルされたため、残業代を支給できませんでした。従業員には基本給のみの支給となることは通知しています。4月以降、従業員は仕事に集中していません。給与を減らしているわけではありません。事実は、発注がないために残業が発生していないということです」と匿名の工場幹部は説明する。

同工場の労働者らは、2月の抗議活動で12の要求を提示し、オーナー側との交渉でそれを勝ち取った経緯がある。

 


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2017年08月02日

このページのトップへ戻る