インドシナニュース

ベトナム:ホーチミン市には繊維工業団地はもはや増設不要

ホーチミン市人民委員会は、計画投資省に対し、同市にこれ以上繊維工業団地を建設しないよう求めた。

同委員会は、同市の既存の工業団地で十分繊維企業を収容することができるので、もうこれ以上大型繊維工業団地の建設は必要ないと述べた。

ホーチミン市では、ファッションデザイン、アパレル材料、副資材のセンター建設を計画していると語っていた。

ホーチミン市には現在23の工業団地と輸出加工区があり、そのうち17区域は複数の部門で運営されている。

ほとんどの繊維企業は、タントゥアン(Tân Thuận)及びリンチュン(Linh Trung)輸出加工区やタントゥイヒエップ(Tân Thới Hiệp)、タンビン(Tân Bình)、タンタオ(Tân Tạo)、西クチ(Tây Bắc Củ Chi)、ドンナム(Đông Nam)の各工業団地に位置している。

小規模の繊維および染色企業は、レミンスアン(Lê Minh Xuân)およびヒェップフック(Hiệp Phước)工業団地に所在している。


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年06月16日

このページのトップへ戻る