インドシナニュース

ベトナム:Kwong Lung-Meko工場火災による損害額は1620万ドル

Kwong Lung-Meko Co.Ltdは16日、カントー市のTra Noc工業団地の同社工場で3月23日に発生した5日間に及ぶ火災による被害額は3680億ベトナム・ドン(1620万米ドル)であったと発表した。

Tuoi treオンライン版の報道によると、被害額は保険会社の委託を受けた独立機関が算定したもの。同機関によると、Kwong Lung-Mekoは3680億ベトナム・ドン程度の補償を受けることができる可能性があるという。

一方で、16日午後、カントー市警察は電気系統のショートが5日間延焼を続けた火災の原因であったと発表した。警察の発表は公安省の犯罪科学研究所の分析結果とも合致している。

警察の報告によると、火災は3月23日の午前9時30分に発生した。数百人の消防士が派遣され、午後3時30分には鎮火した。しかし、午後8時に再度火災が発生した。近隣の省からも消防士が派遣されたが、完全に鎮火したのは3月27日のことであった。この火災による負傷者は報告されていない。

その後1か月もたたない4月16日、溶接作業員が工場の解体を行っている際に再び小規模な火災の発生が報告されているが、この火災はただちに鎮火した。

Kwong Lung-Mekoは羽毛加工、縫製製品製造を行う台湾企業。メコンデルタのカントー市中心部から15キロほど離れたTra Noc工業団地の敷地面積1万7000平米の工場で、およそ1300人の従業員を擁する。

 


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年05月22日

このページのトップへ戻る