インドシナニュース

ベトナム:北部タインホア省にて縫製工場労働者らが賃上げ求めストライキ

4月17日朝、Van Ha縫製有限会社の労働者数百人らは会社が保証しているはずの権利を求めストライキに入った。

Van Ha縫製有限会社(タインホア省)の工員らは、自分たちの権利のためにストライキを行なった。賃金が低すぎる、残業代がきちんと支払われていない、仕事が忙しい、保険給付が保証されていない、などと主張している。

これは2回めのストライキで、これ以前の2017年4月15日に最初のストライキを行なっているが、問題は収拾していない。当日朝、タインホア省労働・傷兵・社会部代表、省警察PA83室、Thieu Hoa県労働・傷兵・社会課は、質問、要望を聞き、解決策を提示するために労働者の集団との対話を行なった。

報道によると、Van Ha縫製有限会社では、繊維分野で生産活動に従事する労働者が約1200名が働いている。2015年10月、会社側が約束した賃上げ、労働時間短縮、残業時の食費支給を求めて労働者数百人がストライキを行なった。ストライキは、深刻な交通渋滞を引き起こし、地方労働連盟と当局が協調して事態を解決した。

Thieu Hoa県人民委員会事務局長La Van Tien氏は、ストライキ労働者の対話と解決は県の労働・傷兵・社会課に委ねられていると述べた。

「県は今朝の対話の結果内容の報告を待っています。Van Ha縫製有限会社は労働者との約束や法律規定を守らなければなりません」とTien氏は述べた。

 


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年04月20日

このページのトップへ戻る