インドシナニュース

ベトナム:タイ族女性の文化的アイデンティティを伝える織物

ベトナム北部ゲアン省クイチャウ(Quỳ Châu)県のタイ族にとって、織物は数世代にわたって重要な文化遺産であった。古くから衣装作りのための伝統的芸術として発展してきたが、織物は今日、貧困と戦い、文化的アイデンティティを守るための集団的生産方法として新たな地位を獲得している。

地方政府は近年、この文化遺産の保護に積極的な役割を果たしてきた。タイ族の女性に品質向上とブランド構築のための資金と知識を提供するプロジェクトを実施したのである。

女性らはまた共同組合を組織し、コスト削減や品質改善のためのアイディアの交換を行うべく支援を受けている。

参加する女性の多くにとって、こうした努力は実を結びつつある。織物制作で副収入を得られるようになってきたのである。

今日、クイチャウ(Quỳ Châu)県のタイ族の伝統的織物は地元で消費されるのみでなく、高品質でこの場所にしかない本物の製品を観光客に届けるためにも一役買っている。


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2017年03月24日

このページのトップへ戻る