インドシナニュース

ミャンマー:イオンがヤンゴンに第1号店を開業

イオンオレンジはヤンゴンのNorth Okkalapa地区に第1号店を開業し、ミャンマーで開業する初の外資系小売企業となった。

613平方メートルのイオンオレンジNorth Okkalapa店はThudamar RoadのNorth Okalarバス停の隣に位置する。

イオンオレンジはオレンジNorth Okkalapa店を閉鎖し、隣接する土地に新店舗を建設した。店舗の前は新たに駐車場となった。

4月に設立されたイオンオレンジはCreation Myanmar Group of Companies Limited の関連会社であるHypermart Asia Co Ltdの14店舗とその他の資産を買収したのち8月1日に業務を開始した。

「イオンはプライベートブランド「トップバリュ」の日本製品と近隣アジア諸国製品の調達にあたりイオングループのネットワークの強みを生かし、独自の展開を目指したい」と同社は発表している。

「店舗では商品説明を伴う店頭ディスプレイを行い、スタッフの消費者への働きかけにより日本製品の安全性と最高品質への理解をミャンマーの消費者にも伝えていきたい」

イオンオレンジはミャンマーの小売部門の近代化に貢献することを希望していると付け加えた。

イオンノースオッカラパ店では、果物や野菜を含む生鮮食品も販売する。デリコーナーでは炒飯やカレーといった人気のミャンマー料理、巻き寿司やコロッケ、ミャンマーの素材を使ったおにぎり等の日本食を販売する。焼きたてのパンも販売される。


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2016年10月28日

このページのトップへ戻る