インドシナニュース

ベトナム:ポリエステル工場PVTex、経営破綻の真相が明らかに

政府検査官は、甚大な経済損失を招いた湾岸都市ハイフォンのDinh Vuポリエステル工場の構築と運営に、幾つもの違反を発見している。

ペトロベトナム石油化学・紡織繊維株式会社(PVTex)が展開するこの工場は、国営のペトロベトナム社(PVN)とベトナム繊維公団(Vinatex)の共同プロジェクトで、ベトナム繊維産業の輸入原材料への依存を軽減することを目的としていた。

しかしながら昨年後半、3億5900万米ドルのこの工場は、3年以上の操業の後に閉鎖を余儀なくされた。監査によると工場は、2012年の210億ベトナム・ドン、2013年の3660億ベトナム・ドン、2014年の1兆ベトナム・ドンを含む、1兆4000億ベトナム・ドン(6270万米ドル)の損失を抱えていたという。工場の投資資本は当初の推定3億2500万米ドルから3億5900万米ドルに増加し、プロジェクトの回収期間も22年10か月に拡大していた。

検査官は、「行政規制に対する計画的な違反」や、投資資本の損失を招いたプロジェクト承認時・請負人選定時・備品購入時の「無責任性」の形跡を発見している。

検査官によると、投資者としてのPVTexと請負人は、契約事項として規定されている備品購入時の規制を遵守しておらず、事前交渉なしに備品の入手先を変更していたという。例えば、ドイツ製のはずであった備品の数点が中国製の備品に変更されており、使用後すぐに破損したり問題点が生じたりしため工場運営の試験期間を引き延ばす結果となった。

またPVTexは、最終的な投資総額の上昇につながった、不適切な出費やプロジェクト費用の不正確な査定と計算に関しても非難を受けている。プロジェクト期間中、PVTex、請負人、及び監督機関は、数十億ベトナム・ドンに及ぶ不正・多重の支払いを受け取っていたと検査官は指摘する。

また2013年、Nguyen Tan Dung 首相(当時)がPVNのPVTex株を56%から36%にカットするようリクエストしたが、MoITとPVNは実際にはPVTex株を75%に増やす決定をしており、首相の指南に反していたことに関しても検査官は指摘している。

PVN、Vinatex、そして商工省(MOIT)は、プロジェクト実行の指導、監視、検査において無責任であったと検査官は述べた。

検査官はNguyen Xuan Phuc首相に、関連省庁・機関に対して540億ベトナム・ドン(240万米ドル)と不正・多重支払いによる2万2000米ドル以上の損失の回収を指示するよう提案し、またPVN、Vinatex、MoITの役員や委員に対する行政処分を請求した。

彼らはまた、さらなる調査のために、公安省に事件の文書を受け渡すことも提案している。


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年10月27日

このページのトップへ戻る