インドシナニュース

ベトナム:アオザイの真髄を讃えるフェスティバルが開催

アオザイフェスティバル2016の開催期間中、タンロン遺跡はライトアップや艶やかなアオザイによって彩られる。

「アオザイの真髄」をテーマとし、ベトナムのアオザイを讃える様々な文化活動を行うフェスティバルが10月14-16日に開催される。

フェスティバルは伝統的な文化価値の発表に貢献し、市の観光事業を展開させ、デザイナーやアーティストの創造性を讃えることになるだろうとハノイの観光庁長官Do Dinh Hong氏は述べた。

「今年、フェスティバルはアオザイ愛好家達が集まる場となり、全ての文化的活動はアオザイに焦点を当てます。」

「また昨年までと比較し、今年のフェスティバルの規模は格段に大きくなる予定です。」と同氏は述べた。

昨年、フェスティバル期間中には19名のデザイナーが参加するアオザイのファッションショーが開催された。今年はハノイ、フエ、ホーチミン市から32名のデザイナーが参加し、またデザイナー達は会場周辺のブースにてコレクションの展示も行う。来場者はデザイナー達からアオザイを購入したり、予約注文を行ったりすることができる。

デザイナーのNgoc HanがHang Trongの伝統的な絵画からインスピレーションを得る一方、Minh HanhはBui Xuan Phai(1921-88)が描いた旧市街や通りをベースとしたアオザイを製作している。

またVu Tarn Duc Haiは自身のコレクションを、ハノイ市が毎月異なる花の展示を開催することから「12花期のハノイ(Ha Noi in 12 Flower Seasons)」と題している。

「異なる色の花に彩られたハノイを想像してください。いかにして花が市の優れた建築物や景勝地を彩るかを。」と彼は述べた。

「アオザイコレクションは、一柱寺に咲き誇る蓮の花を、Tran Phu通りや国旗塔のドラコンチラムの花を、そして紅河のほとりに咲くマスタードグリーンの花を写し出しているのです。」とHai氏は言う。

アオザイファッションショーの他にも、フェスティバルでは展覧会、アートスペースの設置、料理のパフォーマンスなどが行われる。

文献、写真、動画、さらにはTran Dinh SonとVu Gioiによるプライベートコレクション提供の年代物のアオザイコレクションから、来場者はベトナムのアオザイの歴史について学ぶことができる。

またヴァンフック村(ハノイ)、ハザン省、アルイ郡(フエ)、ホイアン市から集められた職人が染織の秘訣を披露する。

さらに来場者は、2014年のMaster Chefでトップ3となったDoan Thi Thu Thuy氏と彼女の同僚によって作られる3地域の料理も楽しむことができる。

そして「国境を超えたアオザイ」をテーマとした伝統楽器のコンサートが土曜日の夜に上演され、アオザイのお絵かきコンテストや伝統的なゲーム、人形製作クラスといったことも向けのプログラムもある。

フェスティバルは Hoang Dieu通りのタンロン遺跡にて開催、入場料無料。またイベントでは10月20日の女性の日も祝われる。


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年10月15日

このページのトップへ戻る