インドシナニュース

Viet Tien社、海外展開に着手

  2012年、縫製会社Viet Tienは、中国、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ミャンマーに製品輸出展開するための代理店を各国に配置する予定である。

  Viet Tien社の社長Bui Viet Tien氏によると、「現在、アジア市場へのViet Tienブランディング戦略を推進している。ある市場に過度に集中するリスクを避け、徐々にバランスよく輸出を行っている。Viet Tien社では、日本25%、アメリカ25%、EU29%、その他市場21%というように市場ごとに輸出割合の設定を行っている。」

  2009年から現在まで、VietTien社は、ベトナム国内やカンボジア・ラオスの代理店を含め、1300店舗も展開している。

  ベトナム繊維公団の副社長Le Tien Truong氏は、「ベトナムの繊維業界は、徐々にアジア市場へと向いている。予測では、2012年ベトナムの韓国向け繊維製品輸出金額は、10億USD以上となる見通しである」と話した。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年02月29日

このページのトップへ戻る