インドシナニュース

2011年、ベトナムのシャツ輸出単価は非常に上昇

  2011年、ベトナムのシャツ輸出は数量1億1340万点、金額ベース7億8200万USD、2010年と比べて、数量6.1%増、金額ベース28.2%増となった。アメリカ向けシャツ輸出は2010年と比較すると減少したが、EU、日本、韓国輸出は引き続き上昇した。2011年、シャツ輸出単価は2010年同期比21.1%増・平均6.9USD/着(FOB)であった。

  統計資料によると、2011年、ベトナムのシャツ輸出は数量1億1340万点、金額ベース7億8200万USD、2010年と比べて、数量6.1%増、金額ベース28.2%増となった。2012年1月に、ベトナム輸出企業は2012年第1・2四半期末までの受注を獲得している。統計予測によると、数量が1億2700万点、金額ベース9億3840万USD、 2011年同期と比べて、数量12%増、金額ベース20%増となる。予測では、2012年のシャツ輸出傾向は上昇する見通しである。

 

ベトナムの月別シャツ輸出金額(単位:100万USD)

 

 

  2011年、ベトナムのシャツ輸出金額割合は変動傾向があり、2010年と比較すると、アメリカ向け輸出金額が減少したが、EU・日本向け輸出が著しく上昇した。

  アメリカ向けシャツ輸出金額は第1位となり、2011年のシャツ輸出総金額の39.8%を占めた。2010年と比較すると、数量13.7%減・5120万点、金額ベース4.1%増・3億1130万USDであった。

  財政危機が影響しているものの、EU向けシャツ輸出は著しく上昇した。しかし、その他のアパレル製品に対して、消費者は支出削減している。この品目輸出を強化するため、ベトナム各企業は環境にやさしい原材料・天然素材からシャツを生産するなど改善を続けた。また、パターンや消費者のオケージョン傾向について研究を続けている。

  2011年、日本向けシャツ輸出は非常に上昇し、2010年同期比数量62.9%・1540万点、金額ベース77.5%増・7540万USDであった。このような好調の背景には、ベトナム企業による、現代的な独自のデザインを取り込み、妥当な価格設定、製品の改善・研究などの努力を行ったためである。

  韓国向けシャツ輸出は、ASEAN-韓国間のFTA優待を受けているが、今後準備されているベトナム-韓国間のFTAで、さらなる恩恵を受けるだろう。ベトナム-韓国間の貿易協定FTA締約されたことで、ベトナム繊維輸出業界に大きな機会となる。中でも、合弁会社と、高級生地や付属品の生産と技術を持つ企業が有力である。

  2011年、韓国向けシャツ輸出は数量1540万点、金額ベース1億3390万USD、2010年と比べて、数量62.9%増、金額ベース77.5%増となった。

  その他、台湾、チリ、香港、ブラジル、シンガポールなど向けシャツ輸出は2010年同期比非常に上昇した。

  2011年、ベトナムのシャツ輸出単価は2010年と比べて、21.1%増・平均6.9USD/着(FOB)であった。

 

ベトナムの月別シャツ輸出平均単価(単位:USD/着FOB)

 

 

  アメリカ向けシャツ輸出単価は、2011年初め時点では伸び悩んだものの、2011年第2四半期中旬から2011年末まで上昇傾向があった。2011年のアメリカ向けシャツ輸出単価は、2010年と比べて、20.7%増・平均6.07USD/着(FOB)であった。

  また、ドイツ向けシャツ輸出単価は、2011年第1四半期に上昇しなかった。そして、2011年第2四半期に最も上昇したが、2011年末数ヶ月間に減少した。2011年、ドイツ向けシャツ輸出単価は2010年と比べて、25.4%増・平均9.22USD/着(FOB)であった。

  その他、日本向けシャツ輸出単価は2011年に変動はほとんど見られなかった。しかし、2011年末2ヶ月間に、輸出単価は非常に減少した。2011年、日本向けシャツ輸出単価は2010年と比べて9.0%増・平均8.69USD/着(FOB)であった。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年02月28日

このページのトップへ戻る