インドシナニュース

2012年1月履物輸出金額、5億4400万USD

  2012年1月、ベトナムの履物輸出金額は5億4400万USD、前月比24.5%減、2011年同期比1.4%減となった。

  統計資料によると、2012年1月ベトナムの履物輸出金額は5億4400万USD、前月比24.5%減、2011年同期比1.4%減となった。その原因は、2012年のベトナム旧正月が1月(2011年の旧正月は2月)で履物輸出が減少したためである。2012年1月、履物輸出金額はベトナムの輸出総金額7.67%を占め、繊維製品(10億USD以上)、電話・電話部品(8億5000万USD)に次いで、第3位となった。

 

ベトナムの履物輸出金額(単位:100万USD)

 

  2012年1月、EU向け履物輸出金額は引き続き第1位となり、2億1400万USD、前月比29.1%減、2011年同期比12.4%減であった。月間履物輸出総金額の39.4%を占めている。

  ドイツ向け輸出金額はEUの中で最も高く4620万USD、2011年同期比0.1%減となった。2011年同期と比較すると、イギリス、オランダ、イタリア向けなどへの履物輸出金額は20%以上減少した。反対に、スロバキア320万USD、ポーランド297万USDとなり、 2011年同期比210%以上上昇した。

  2012年1月、アメリカ向け履物輸出金額は前月比25.9%減、2011年同期比3.9%増、1億4540万USD、第2位となった。月間履物輸出金額の26.7%を占めた。

  2012年1月、日本向け履物輸出金額は320万USD第3位となり、2011年同期比1.6%増、履物輸出金額の5.9%を占めた。日本向け月間輸出金額が3000万USDを超えた最初の月である。

  2012年1月、中国・ブラジル向け履物輸出金額は、それぞれ279万USD・第4位、2590万USD・第5位となり、2011年12月と同様の傾向をみせている。2011年同期と比較すると、70%以上上昇した。

  その他、メキシコ、パナマ、カナダ、ASEAN、香港など各市場向け輸出状況は、2011年同期と比較して減少した。

 

2012年1月履物輸出金額割合

 

  世界各国の経済は困難があるものの、ベトナムの履物輸出は継続的に増加している。ここ最近、翌月の輸出金額は、必ず前月よりも高くなっている。2011年12月の輸出金額は7億USD以上となり、2011年11月と比べると10.3%増、2010年同期比28.2%増となった

  このような結果は、ベトナム各企業がチャンスを逃さなかったためである。将来的にも、履物品目はベトナムの主要輸出品目となるだろう。

  2011年、ベトナムの履物輸出金額は65億4000万USDと、安定的な上昇をみせており、2010年同期比27.9%増、年間計画の12.9%を超えた。履物輸出金額は、ベトナムの輸出総金額の6.8%を占めた。

  中でも、EU向け輸出金額は第1位となり、2010年と比べて15.5%増・25億8000万USDであった。イギリス向け輸出金額は、2010年と比べて0.1%減となったものの、EU諸国の中では第1位を保持しており、4億9490万USDであった。その次には、ドイツ4億1020万USD・14.9%増、オランダ3億6710万USD・15.1%増、ベルギー3億5670万USD・45.7%増となっている。特に、デンマーク、チェコ、スロバキア、ポーランド向け輸出は2010年と比較すると50%以上増となった。

  アメリカ市場向け輸出は、2010年と比べて35.5%増・19億USDとなり、EU市場に次ぐ第2位となった。

  2011年中国向け輸出は、金額ベース2億5260万USD、2010年同期比63%増となり第3位となった。2012年1月の状況維持することができれば、中国向け輸出金額は2012年に4億以上となる見通しである。

  2011年ベトナムは、ほとんどの市場向けの履物輸出は上昇した。しかし、メキシコ、カナダ、ウクライナ、イスラエル向け輸出は、わずか10%増であった。

  予測では、ベトナムの履物輸出金額は2012年第1四半期に16億5000万USD、2011年同期比25.7%増となる見通しである。

  種類について

  2011年、ベトナムの主要輸出品目であったスポーツシューズは、数量3億2500万足、金額ベース42億7000万USD、2010年と比較すると数量16.5%増、金額ベース26.9%増であった。

  革靴、婦人靴、スリッパ、布靴輸出は数量2500万足以上、金額ベース2億4000万USD以上であった。中でも、スリッパ、布靴輸出は、2010年と比べて高く上昇しており、2012年もさらに上昇すると予測されている。2011年、ベトナム各企業は子供用履物の輸出拡大しようという動きがあったが、数量760万足、金額ベース8200万USDと、数量・金額共にさほど大きくならなかった。

  単価について

  2010年と比較すると、2011年の履物種類輸出単価は上昇している。スポーツシューズ輸出単価は2010年と比較して8.8%増、平均13.14USD/足であった。また、革靴輸出単価は、16.69USD/足、15.12%増で第1位であった。予測では、原材料輸入のコスト、人件費、電気代などが高くなったことが影響して、2012年のベトナム履物輸出単価は2011年と比べて、上昇するだろう。

 

2011年、ベトナムの輸出履物種類

 

  2011年、Pouyuen VietNam社の輸出金額は8億200万USD、2010年と比べて19%増、第1位となった。その次に、FreeTrend Industrial VietNam社3億USD、Chang Shin VietNam社 2億9260万USD・26.3%増となった。

ベトナム ジャンル:
最終更新:2012年02月22日

このページのトップへ戻る