インドシナニュース

ミャンマー:North Andaman Apparelが米国展示会に出展

North Andaman Apparelは米国ラスヴェガスで開催されるSourcing at Magicの展示会に出展する最初のミャンマー企業となる。

2016年8月14日から17日にかけての展示会で、North Andaman社は「優れた工場」エリアのブース61805で製品を紹介する。

この展示会へのNorth Andaman社の参加はミャンマーの縫製生産国としての可能性が高まりつつあることを示している。

ミャンマー(旧称ビルマ)は世界の縫製・アパレルバイヤーから新たなチャンスとして大きな注目を集めている。ミャンマーのアパレル産業は復活し、以前の生産量まで回復している。同国の意欲と熱意ある労働力に支えられ、さらなる大きな成長が見込まれている。

1990年代、ミャンマー産縫製品の最大の市場は米国であった。その後、縫製産業の業績は大きく後退したものの、核となる数社は日本や韓国向けに高品質の製品を作り続けていた。

「ミャンマーで20年近く製造・輸出の実績を持つNorth Andamanは高品質の縫製品を他に負けない価格でスケジュール通りに納品することが可能です。マーケティング、マーチャンダイジング、品質管理、コンプライアンス、ロジスティック、金融の専門家が成長を続けるチームの一員として働いています」とRichard Williams社長はFiber2Fashionに語った。

「North Andaman Apparelは世界のお客様にCMP(委託加工契約)、FOB(本船渡し)、CIF(運賃保険料込み)で魅力ある価格、そして高い品質と社会的責任の遵守をお約束します」とRichard Williams社長はFiber2Fashionに語った。


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2016年08月04日

このページのトップへ戻る