インドシナニュース

フィリピン:縫製製品輸出が10億ドルに達する見込み

フィリピン海外バイヤー協会(FoBAP)は縫製、軽工業セクター成長への阻害要因撤廃のための政府の支援を求めた。

FoBAPのRobert Young会長は、協会加盟社による縫製製品の輸出額は2016年に10億米ドルに達する見込みであるが、軽工業製品については2億米ドルの見込みであると話す。

軽工業製品には家具、手工芸品、インテリア製品、装飾用品が含まれる。

「フィリピン縫製分野の製品は中級から高級衣料品市場向けのものです。縫製、家具や軽工業分野では、さまざまな阻害要因や障壁のために、バイヤーにとって低価格製品はすでに魅力的ではないのです」とYoung会長は話す。

FoBAPは縫製産業や軽工業の成長への主な阻害要因として高い電力コスト、人件費と資金調達を挙げた。

ミャンマー、カンボジアやベトナムでは、主力輸出産業に対し、電力、賃金、資金調達コストを政府が部分的に支援しているという。

Young会長はまた、フィリピンでのインフラ開発への多額の投資の必要性も強調した。

「インターネットの接続速度もアセアン諸国中最低です。新政権が何らかの対策を取ることを期待しています。港湾施設も改修改善が必要です。港湾の混雑が輸出障壁となっています」

FoBAPは、海外からの発注に対応すべく、さらに多くの工場の設立を呼びかけた。FoBAPは2017年上半期には縫製製品輸出は20%増加すると予測している。

「縫製分野の売上げ上昇は、バイヤーが他のアセアン諸国に政治的、社会的観点から何らかのリスク要因を感じていることによります。バイヤーはすべての卵を一つのバスケットに入れることはしませんから、フィリピンにも発注が来るようになったということです」とYoung会長は説明する。

Young会長は、近隣のアセアン諸国ではすでに現代的な生産設備が導入されていることから、フィリピンの企業、産業は労働者のスキルを向上していく必要があると話す。

「私たちは輸出産業の黄金時代を取り戻したいのです。これら問題が解決すれば、この目的にさらに近づけることになります」と彼は話す。

 


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



その他 ジャンル:
最終更新:2016年06月24日

このページのトップへ戻る