インドシナニュース

ベトナム:中国銀行がベトナムの繊維企業に1億300万米ドルの融資

新華社通信の報道によると、中国銀行ホーチミン市支店は4月20日、中国の主力糸生産業者Texhong Textile Groupのベトナム子会社に1億300万米ドルの協調融資を行うことを発表した。

この融資は、ベトナム北部クアンニン省に3億ドルを投じて設立されたTexhong Galaxy Technology Companyの生産増強に使われる予定となっている。

世界的な綿繊維メーカーであるTexhong Textile Groupはベトナムに4箇所の生産拠点を持つ。

20日夕に行われた協調融資の調印式典で、中国銀行ホーチミン市支店のWang Hao支店長は、中国企業によるベトナムへの投資拡大と関係者の関与により、中国銀行はベトナムでの金融サービス実績を拡大し、中国・ベトナム間の経済関係に貢献してきたと述べた。

Wang支店長によると、中国・ベトナムの二国間貿易額は今年1000億米ドルを超え、ベトナムがマレーシアを超えて中国の東南アジアにおける最大の貿易相手国となる見込みであるという。

ベトナムと中国は「一帯一路」と「二帯、一経済回廊」の建設を進めており、ベトナムは多くの地域・二国間自由貿易協定を締結中または今後締結予定であるとWang支店長は述べた。

Texhong Galaxy Technology CompanyのHuang Yiyong社長は、Texhongはベトナム人により多くの雇用を提供し、ベトナムの国家予算により多額の貢献をし、技術移転を進めると述べた。

Huang社長によると、ベトナムのTexhong工場は現在125万紡錘を擁し、これはベトナムの全紡錘の15%に相当するという。Texhongは毎年、ベトナムの全繊維生産の43%にあたる30万トンの繊維を生産している。

 


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年04月26日

このページのトップへ戻る