インドシナニュース

ミャンマー:2020年までにアパレル製品輸出が2倍に達する可能性

縫製業界の専門家によると、ミャンマー政府による支援政策と同国の低賃金により、2020年までにミャンマーからのアパレル製品輸出が現在の2倍以上、40億米ドルに達する見込みであるという。

その背景には、ベトナム、インド、中国、韓国等での高賃金と比較的高い生産コストにより、企業がミャンマーに注目しつつあるということが挙げられる。また、中国、韓国、インド、ベトナムの企業にとっては、米国、EU、カナダといった先進国市場での特恵待遇は魅力であり、ミャンマーの縫製分野への投資を惹きつけている。

2012年に成立した新たな外国投資法により、製造業の分野での外国人・企業による最大株式保有率が50%に上昇し、ミャンマーは縫製製品の生産拠点として浮上した。また同法によって、外国人投資家による当初50年期限での土地の賃借、最初の5年間の税金免除、無関税での原材料輸入も可能となった。

ミャンマー縫製業協会(MGMA)のU Myint Soe会長によると、2015年の輸出額は14億6000万米ドルであった。ミャンマーの縫製産業は25万人以上を雇用し、縫製製品は同国の輸出収入の10%を占めている。

 


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ミャンマー ジャンル:
最終更新:2016年02月03日

このページのトップへ戻る