インドシナニュース

ベトナム:「ハノイの記憶」イベントでアオザイ披露

第1回の「ハノイの記憶」イベントはアオザイのファッションショーとともに12月30日にハノイのタンロン皇城遺跡で開幕した。

アオザイは様々な困難を乗り越え国民的ドレスとなり、女性の象徴、ベトナム人の誇りを体現するものとなっている。ベトナム人にとって、アオザイはベトナム女性の魂のようなものである。

ベトナムの伝統的衣装であるアオザイは、身体にフィットし、特徴的な襟を持つ。ヒップまでの切り込みがあり、露出はしないものの若い女性のラインを見せることで官能的な女性の魅力を際立たせる。「ベトナム人女性のあるところに、ベトナムのドレスもある」単に伝統的な衣装であるばかりでなく、ベトナムの精神性とものの見方を含む文化そのものを体現したものである。言葉を変えれば、これがベトナム女性の「ベトナム人らしさ」なのである。

第1回の「ハノイの記憶」は観光省とタンロン・ハノイ遺跡保存センターが共催したもので、古代の首都のイメージと文化、そして古代のタンロン・ハノイの人々の芸術と手工芸製品を現代に蘇らせることを目的としている。ハノイの人々、そして観光客がかつてのハノイの雰囲気と魂を感じられる特別な文化的観光イベントとして企画された。

12月30日から2016年1月4日までの5日間の会期中、展示会、芸術作品インスタレーション、装飾芸術などの文化的・芸術的イベント、2016年最初のハノイへの外国人観光客の歓迎などのイベントが開催された。

「ハノイの記憶」はハノイ市観光局が設立されて以降、初めての観光イベントとなる。ハノイ市の観光分野ではこのプログラムを通じて自治体、組織、個人、団体や観光客の関心を集め、タンロン・ハノイ遺産関連でより多くの観光商品を作り出す。

 


無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2016年01月09日

このページのトップへ戻る