インドシナニュース

ベトナム:労働組合の16%の賃上げ要求に対し、雇用側が譲歩を求める

2016年の最低賃金の引き上げを議論する第2回会合は、労働組合が要求する賃上げ要求が大きすぎるとして、業界団体が受入れを拒否したことにより、合意に達することができなかった。

ベトナム全土のすべての労働組合を代表するベトナム労働総連合(VGCL)は火曜日、労働者は16.8%の賃金上昇に値すると主張した。

一方で、数千人の労働者を代表するベトナム商工会議所(VCCI)は、わずか10%の賃上げに合意した。

約300万人の労働者を雇用しているベトナム繊維協会(Vitas)は、ほんの6.7%の賃上げを働きかけた。

いずれの団体も、今回は同じテーマについて主張していた。

ベトナム商工会議所(VCCI)のHoang Quoc Phong副会頭は、70%もの企業が市場で利益を出せていないため、高い賃上げには耐えられないだろうと述べた。

「会社は生産を維持しようと懸命に取り組んでおり、また、労働者のこともよく考えています。」

Phong副会頭は、地元企業は来るべき自由貿易協定に伴う多くの新しい政策や、新しい課題に対処しようとしていると述べた。

「我々は、労働者からの譲歩を今本当に必要としています。」とPhong副会頭は、サイゴンタイムズオンラインのウェブニュースを引用して述べた。

 

労働者の苦難

しかし労働連合のMai Duc Chinh副会長は、労働者が企業に譲歩を示すには、余りにも貧しすぎると述べた。

「私は、役人が工業地帯にある労働者の自宅を訪問し、現実を見るべきだと提案しています。我々は、エアコンが完備された部屋に座って政策を決定したり、労働者の苦難を知ろうと試みたりすべきではありません。」と、Chinh副会長は述べた。

Chinh副会長は、現状(の賃金水準)では労働者の基礎的な生活必要資金の75%しかカバーできていないのに対し、労働連合が提案する賃金水準により、その89%をまかなうことができるようになる、と述べた。

農村部と都市部の60の企業において、4〜5月にかけて彼の組織が実施した調査によると、現在の賃金で生活をやりくりするのに、労働者の92%が苦労していることが判明した。

労働者の約20%は生活するのにお金が足りず、31.3%は非常な倹約を強いられており、40.7%がかろうじてやりくりしている、と答えた。わずか8%程度の労働者が、少し貯蓄をすることができると述べた。

最低賃金は、スキルや経験に基づいて各労働者に割り当てられた係数を加味したベース額を乗じて、会社が労働者の賃金を計算するのに用いられる。新人は、例えば多くの場合、わずかな係数しか与えられない。

賃金は、年間の賃上げ分を受けとるように設定される。現状月額215~310万VND(95~137.5米ドル)の範囲で、年初以降15%の増加となっている。

国の労働者、雇用主と労働省を代表する15のメンバーから成る全国賃金評議会は、2016年の賃上げを議論するために、労働組合と業界団体との会合を設定してきた。

彼らはもし、9月3日の最終会議でなおも合意に達することができない場合、評議会が意思決定を行い、中央政府に独自の賃上げ率を提案することになる予定である。



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年09月02日

このページのトップへ戻る