インドシナニュース

ベトナム:黒ロロ族の伝統的衣装--起源へのつながり

黒ロロ族は2系統あるロロ族のひとつであり、ベトナムには4200人以上が少数民族として居住している。カオバン省の遠隔地にある小さな村落に居住している彼ら黒ロロ族とその衣装は今でも彼らの起源に強く結び付いている。

黒ロロ族の衣装には主に黒が用いられる。黒ロロ族女性の上着は腹部が見える程に短いものだが、今日ではピンクや青のパステルカラーのTシャツをその下に着ることもある。上着は長袖で、肩近くに4本の縞、袖口に9本の幅広い色の縞が見られる。上着の背には色鮮やかなアップリケと刺繍が施されている。黒ロロ族の伝統的な女性は黒色の幅広のズボンを履き、腰の周りに別の布を巻いている。ベルトは様々な色の糸で作られており、硬貨や鍵が前部に下げられており、後部には小さな布製のバッグが下がっている。今日でも歯を黒く染めている女性もいる。鋲状の銀のイヤリングと白いビーズをひもに通したネックレスまたは銀の輪状のネックレスが一般的なアクセサリーである。黒ロロ族にとって銀は極めて重要なものである。彼らは銀のアクセサリーは人を美しく見せるばかりでなく、邪悪なものや人生の不運を防ぐ助けになると信じている。

黒ロロ族の男性の衣装はヌン族やタイー族の男性の服装に似ている。黒ロロ族の伝統的な男性は藍色、青、または黒で右側にボタンがある手織りの長いシャツを着、幅広のズボンを履いている。頭部には女性のものより小さめのヘッドドレスを巻き、銀のブレスレットをする。今日ではそのスタイルにいくつか西洋的な要素を加える人もあり、伝統的なシャツの下にゴルフシャツを着ていたり、野球帽をかぶっていたりする。

黒ロロ族の生活は今日でも非常に伝統的なものである。綿玉、糸車、糸巻き、織り機、植物の藍や藍染壺といった、黒ロロ族の古くからの伝統の継承の美しい証拠を各家庭で容易に発見することができる。

 



無料レポート提供中!
~~ ミラン・コンサルタント ~~
ベトナムでのアパレル生産は
中国での生産とどこが違うのか?



ベトナム ジャンル:
最終更新:2015年07月04日

このページのトップへ戻る